将来成功する人が持っている7つの特徴

あなたはどんな人が将来成功すると思っていますか?

生まれた環境に恵まれている人、お金を持っている人、運がいい人...そういった外的な要素ばかり見ていませんか? 多くの成功者を見ていると、それら外側の要素が人生に与える影響は限定的であるということがわかってきます。

ではどういう人が成功を手に入れることができるのか。ここで詳しく見ていきましょう。

Menu

共感力

共感力が成功の要素として過小評価されがちなのは事実です。多くの人が、出世や成功には冷酷さが必要であり、他者を踏みにじることが不可欠だと考えているようですが、実際は逆なのです。

いくつかの書籍が指摘しているように、共感力は他者を理解し、さらには自分自身を理解するために非常に重要な役割を果たします。

このスキルはリーダーシップやセールスなど、成功を収めるためのあらゆる場面で非常に役立ちます。また、共感力は他者のニーズや欲求を理解するのにも役立ちます。これは自己成長だけでなく、他者を深く理解する助けにもなります。

人生の後半で成功を収める人々は、その時間を共感力を高め、他人の気持ちをより深く理解するために使っていることがよくあります。

楽観的である

将来の成功に欠かせないもうひとつの要素は、楽観主義であることです。

追い求めている目標に対する危険や落とし穴を無視する、というわけではありません。むしろ、成功を収めるためには、可能性のある課題についてよく理解することが重要です。慎重であることと悲観的であることはイコールではありません。

しかし、その困難を乗り越え、目標を見据える楽観性も欠かせません。自分には目標を達成できる力があり、物事は最良の方向に進むと信じることが成功への鍵です。

人生観は個々により異なりますが、健全な楽観主義は時間をかけて育むことができるものです。そして、人生の後半で成功に向けて努力する際、適切な楽観主義は辛い時期を乗り越える手助けとなるでしょう。

リスクを取れる

これも多くの人が認識していない成功のための重要な要素です。

ハードワークの価値は誰もが信じています。しかし、この世界で本当に報われるのは、その人のリスクに対する耐性だと理解している人ははるかに少ないです。

確かに、同じ町で同じ仕事を何年も何十年も続けることはできます。そして、それは安全で慣れ親しんだものだと感じるかもしれません。しかし、長い目で見れば、それではおそらく何も得られないでしょう。

人生の初期であれ後期であれ、成功をつかむ人は、リスクを取ることを厭わない人です。

それは無謀という意味ではありません。失敗の可能性は高くなるかもしれませんが、成功の可能性も高くなるような、計算されたリスクを取るということです。

忍耐力

何週間も何年もかけて目標を追求し続けるには、大変な忍耐力が必要です。

私は忍耐力は持ち合わせていませんが、周囲で継続して何かを取り組んでいる人は、やはり一定の成果をあげています。大成功を収めたとは言い難いですが、何事も忍耐力失くして手に入りません。

彼らはときに、あらゆる種類の気の進まない仕事をし、何年もの間、夢に一向に近づかないように思えるときを過ごしているはずです。

挑戦し続けるには忍耐が必要です。それは多くの人が証明している事実です。

忍耐強いということは、座って物事が起こるのを待つということではありません。物事がすぐにうまくいかなくても落胆することなく、長期にわたって目標に取り組み続けるという意味です。

挫折に強い

人生で何をするにしても、障害にぶつかることはあるでしょう。一般的に、人生の成功を決めるのは、その障害にどう対処するか、と言われています。

人生で成功を収める人は、「レジリエンス」つまり回復力を培っています。障害に遭遇したとき、それを成長の機会と捉えるのです。障害に打ちのめされてそのままにしておくのではなく、自分の考えや実践に磨きをかけ、より大きな成功へと導いていくのです。

ある専門家はレジリエンスを「人生の逆境に打ちのめされても、少なくとも以前と同じように強く立ち直ることができる心理的資質」と呼んでいます。

言い換えれば、レジリエンスとは、人生の困難な部分に対処するだけでなく、それを利用して自分自身をより良くすることを意味します。

成功への長い道のりの中で、挫折を味わうことはほぼ間違いありません。特に人生の後半で成功を収める人は、レジリエンスを使って挫折を勝利の積み木に変える方法を知っている人、と言えるでしょう。

変化を受け入れる

変化は世界の基本法則です。多くの点で、私たちの成功を何よりも決定づけるのは、変化に適応する能力です。

このことは、人生の後半に成功をつかむ人には特に当てはまります。というのも、時代が進むにつれて、私たちはより多くの変化にさらされるようになるからです。

20年前、現在の「ブロガー」ようなキャリアを築くことはほとんど不可能でした。作家になるということは、基本的に大手出版社から本を出すか、雑誌や新聞の記者になることだったのです。

しかし、インターネットがそのすべてを変え、その中でうまくいった人たちは、テクノロジーの新しい可能性を受け入れることができた人たちでした。

これは特定の業界の一例に過ぎません。しかし、あらゆるものは常に変化しており、その変化に適応できるかどうかが、人生の後半で成功をつかむ鍵になることが多いです。

学ぶことが好き

「読めば読むほど、知ることが多くなり、学べば学ぶほど、行ける場所が増える」これはある学者の言葉です。

生涯学習は成功に不可欠です。しかし、自分の知らないことを知ることはできません。私たちの誰もが、その存在にさえ気づいていない知識の全領域を持っています。そして、どんな知識が大きな成功につながるアイデアのきっかけになるかはわかりません。

人生の後半で成功をつかむ人は、たいてい生涯学習に取り組んだ結果です。何でも知っているとは決して考えず、あらゆる機会をとらえてできるだけ多くのことを学び、それを前進の原動力にしているのです。

まとめ:人生をより”生きる”ために

今回挙げた7つのうち、あなたはいくつ当てはまりましたか?

これらを多く持っているほうが、一般的に将来成功しやすいと言われています。もちろんこれらの中には先天的なもの、つまり、頑張っても手に入らないものもふくまれています。

すぐに自分を変えることはできませんが、ちょっとしたくり返しで考え方や態度のクセを変えていくことは可能です。良いクセをつけてそれを習慣に変えていきましょう。長期的に見て、その習慣の連続があなたの理想の人生を形作っていくのです。

Menu