Construct 3 の基本操作を学ぶ(3)~イベントの基本

前回はオブジェクトを設置して、それに動作(Behavior)を加えました。今回はイベント (Event) を追加して機能を持たせてみます。よりゲームらしい表現が可能になります。

※この記事では、Construct 3 のビギナーズガイドを参照しながら、ゴーストシューターという簡単なゲームを一緒に作っていきます。

あわせて読みたい
Beginner's guide to Construct 3 ★★★★★ Thanks for choosing Construct 3! Let's get started making your first game. We'll be making the Ghost Shooter demo game. You'll learn everything you need to know...

完成版はこちらで確認が可能です。

あわせて読みたい
Construct 3 r368.2 ★★★★★ Launch Construct 3 r368.2. Make games with the world's easiest browser-based game creator. Try for free now and begin your game development journey.
Menu

オブジェクトの複製方法

まず、前回画面上に置いた敵を複製しましょう。1匹ではさびしいので。

オブジェクトの複製方法はいくつかありますが、最も簡単な方法は Ctrl を押しながらオブジェクトをクリックしそのままドラグする方法です。

ちょっとやってみてください。とても簡単に、次から次へと複製することができますよね。ここでは7体ほど複製して player から離れたところにおいてあげましょう。

※一つ確認しておいてほしいことがあります。複製したオブジェクトのプロパティ欄を見てみてください。

UIDという項目があって、そこに番号が書かれているはずです。これをユニークIDと呼びます。あたらしいオブジェクトを追加するたびに自動的に付与されるもので、他と識別するために使われます。

特定のオブジェクトだけにイベントを追加するときにこの UID を利用します。かすかに覚えておきましょう。

マウスとキーボードを有効にする

さて、今回はイベントを追加していくことを目標にしていますが、その前にやらなくてはいけないことがあります。

キーボードとマウスの操作を有効にしましょう。これからいくつかのイベントを追加していくのですが、それらのトリガーとなるのは、「マウスの左クリックを押したとき」とか「スペースキーを押したとき」といった時ですよね。

追加の仕方は Sprite をつかってオブジェクトを追加したときと同じです。以下の手順で行ってください。

  • レイアウト上をダブルクリック
  • Input カテゴリの Keyboard ( もしくは Mouse ) をダブルクリック

これだけでマウスとキーボードの操作が有効になります。新規にプロジェクトを作るときにはまずこれをやってしまう癖をつけるとよいです。

イベントを追加してみる

プレイヤーがマウスポインタの方向を向くようにイベントを追加します。

一度プレビュー画面(上部タスクバーの再生ボタン)で確認していただきたいのですが、現状ではプレイヤーは方向キーで操作したその方向を向いていると思います。これをマウスポインタの方を向くようにしたいのです。

まずは上部のイベントタブをクリックしてイベントシートを開きましょう。

左上に小さく書かれている Add event をクリックしてください。

system → every tick の順でダブルクリックをします。

これで condition(条件)の設定が完了しました。以下のようになっているはずです。

詳しい説明は省きますが、ゲーム全般に当てはめたい条件の時はこの system で条件を選択してください。

今回使った every tick というのは簡単に言うと「常時/いつでも」という意味です。

次にこの条件のもとで起こすアクションを設定しましょう。条件の横にある Add action をクリックします。

Player → Set angle towards position の順でダブルクリックをしてください。すると以下のような画面になっているはずです。

ここで Player が向く方向を設定します。Player はマウスの方向を常時向いているようにしたいので、それぞれ Mouse.X Mouse.Y と入力し Done をクリックしてください。

イベントシートはこのようになっているはずです。

ここで一度、プレビュー画面で動きを確認してみましょう。マウスポインタを動かすとプレイヤーがその方向を向くと思います。もし反応しなかったら、もう一度イベントが正しく設定されているかを確認しましょう。

もう一度、イベントの設定について簡単におさらいをしましょう。

条件(condition)に System → Every tick を設定しました。これで「常時」という条件になります。

アクション(action)に Player → Set angle towards position を選択し、数値としてMouse.X Mouse.Y を入力しました。player はマウスのX,Y座標を向く、という設定です。

これで「常時 Player はマウスの方向を向く」というイベントが完成したことになります。

次回はいよいよ player が弾を打てるようにしていきます。

メンタルハックWEB
Construct 3 の基本操作を学ぶ(4)~プレイヤーに弾を撃たせる | メンタルハックWEB 前回はイベントの設定について、簡単に解説いたしました。今回はプレイヤーから弾を発射させるイベントを作ってみたいと思います。 ※この記事では、Construct 3 のビギナー...
Menu