頭が良くて能力はあるけどグズな男がやりがちな5つのこと

頭はいいけど、口ばかりで行動に移さないグズな男は結構多いです。

そして彼らの特徴として、自分でも自覚しているんだけど、それでも重い腰をあげられず、物事を先延ばしして、言い訳ばかりを考えているのです。

今回はそんなグズ男の特徴をご紹介しつつ、その克服法にも焦点をあてていきます。参考にしていただけたら幸いです。

Menu

自分に対する不信

高い能力を持っている人が、自分の能力に自信を持てないこと、それはつらいことです。

なかなか成功できない人は、自分に対する疑いに悩むことがよくあります。彼らは自分の能力を過小評価し、自分の成果を軽視し、自分の不十分さという幻想に騙されています。

この自己疑念は成長を妨げる精神的な壁を作ってしまいます。まるでパーキングブレーキをかけた状態でアクセルを踏むようなもの。

一方で、成功した人々は自分の能力と自分の価値を信じています。彼らは自分が完璧ではないことを知っていますが、同時に自分にしか持てない何かがあると理解しています。

自分を信じるということは、困難やミスを避けるということではありません。むしろ、乗り越えられるという自分自身を信じる気持ちを持っている。そこに根拠も能力も関係はないのです。

責任感の低さ

私も以前は、何か悪いことがあると何でもかんでも他者や環境のせいにしていました。

責任を回避することは、成功しない人々に共通する悪いクセです。彼らは自分の過ちを受け入れてそこから学ぶ代わりに、言い訳を見つけて他人や環境のせいにすることがあります。

それはただ自分の力を信用せずに、被害者意識を増長させることです。

誤りを認めて責任を取ることは、なかなか難しいことですが、複雑になる前に物事をいったん終わらせることができます。だらだら考え込んだりせずに、次へ進むことができる。

自分の決定とその結果に責任を取り始めると、学び、成長し、変化を起こす力が湧いてきます。男性としての成長と社会での成功に向けた重要な一歩です。

学習をしない

グズな男性の中で最もありがちなのは、彼らは学習をしないということ。

自分の知識に慣れ、新しい情報やスキルを求めることを止めてしまいます。

しかし、ここで知っておくべきことは、世界は絶えず変化しており、あなたもそれに合わせて変化していくことが唯一の生き抜く方法だということ。人生における成功とは一定の目的地ではなく、常にワクワクするような旅を続けるという意味なのです。

新しいスキルを学ぶこと、自分の分野での知識を補完すること、あるいは自分自身をより良く理解すること、いずれも成功に一歩近づけてくれます。

その場に停滞することは進歩の敵です。意識的に常に学ぶ姿勢を保ちましょう。

過去にとらわれている

過去から学ぶことと、過去に囚われること、この二つには大きな違いがあります。

成功しない人々はしばしば後者に当てはまります。

彼らは過去の栄光、失敗、逃した機会なんかにこだわりがちです。これらの出来事に常に固執することは、前に進む元気を委縮させます。

人生は起伏に富んでいます。成功した人々は過去の経験から教訓を得る重要性を理解していますが、これらの経験に自分を定義させないのです。

例えば、失敗したビジネスの試みを考えてみましょう。

成功しない人はこの失敗を繰り返し振り返り、それが自分のビジネスの洞察に対する信念を形作るのに任せてしまうかもしれません。彼は自分は起業に向いていないと結論付けるかもしれません。

対照的に、成功した人はこの失敗を学びの機会と捉えます。彼は何がうまくいかなかったかを理解し、将来同じ過ちを避けて2度目は成功につなげるように努力をします。

先延ばし癖

先延ばしは多くの人が陥りやすいので、あなたもドキッとするでしょう。

そして残念ながら、これもいつまでも成功できない人々がよく悩むことでもあります。

行動を起こす代わりに、彼らはタスクを延期し続け、やる気の出る瞬間や良い条件が来るのを待っています。しかし、ここに厳しい真実があります。やる気も良い条件も待っていては絶対に来ない。

先延ばしに費やされる時間は、そのまま失われた時間となります。それ以外の何物でもない。

成功した人々は時間の価値と行動の重要性、この二つをとても深く理解しています。彼らは物事が起こるのを待たず、物事を自ら起こしていくのです。

ですから、手元にタスクがあれば、今すぐ始めてください。

それが圧倒的に感じる場合は、それを管理しやすい細かいタスクに分割してみてください。くだらないと思えるレベルまで分割し、一つずつこなしていきましょう。それしか方法はないのです。

まとめ:グズになるのは簡単だ

ということで、グズな男性が抱えがちな特徴を5つ一緒に見てきました。

あなた自身、もしくはあなたの周囲の男性はこれらに当てはまっていないでしょうか。もし心当たりがあるのであれば、少しずつ症状を改善できるように今すぐ取り組み始めてください。

とても小さく思われる目の前の一歩も、最終的な成功につながっていると思い込んでください。いや、それは思い込みではなく、継続することによって現実のものになるのです。

最後の項目でもふれましたが、どうにもやる気が起きないときはタスクを細かく分割してみましょう。そして、まず一つ、そして次の一つと足元だけをみて前進させていってください。道は必ず開けます。

Menu