傷つくことを恐れて恋を逃している6つのサイン

無防備に恋に落ちることは、自分自身を素直に表現することです。

誰かと本物のつながりを築くためには、素直になることが不可欠です。しかし、自分をさらけ出すことは、時には傷つくことにも繋がります。拒絶されることを恐れるのは、普通の感情です。その恐れからくる自己破壊的な行動に走ることもあります。

あなたの行動が、真実の愛を見つけるのを妨げている可能性があります。傷つくことを恐れているサインを6つご紹介します。自分に当てはまらないか、見つめなおしてみてください。

Menu

いざとなると怖気づく

近づきすぎることで委縮してしまうのは、傷つくことを恐れているサインです。これが “運命の人 “を見つけることに影響している可能性があります。せっかく縮めた距離を自分で遠ざけてしまっているのです。

以下は、そのサインの一例です。

  • 相手とのメールが減少する。
  • セックスの後、直ぐに帰るようになる。
  • 感情が出てきたときに、その話題を避ける。
  • 物事の進展に関する質問を避ける。
  • 相手に執着せず、他の人との付き合いを増やす。

これらの行動は、相手のことをそれほど好きでないか、または相手が同じように感じていないことを恐れている可能性があります。こういう時は、自分の心の声を聴くようにしてください。答えはそこにしかありません。

過去の経験と比較する

なにかと過去と比べてしまうことは、過去の人間関係から引き起こされたトラウマによるものかもしれません。

これは信頼関係や見捨てられることへの恐れ、自己価値や自信に悪い影響を及ぼす可能性があります。別れからの回復には時間がかかり、プロセスは個人によって異なります。

デートの際には、過去の経験に基づいて慎重になることは自然なことですが、相手が似たようなことを言ったり趣味を持っていたりするだけで、その人が過去の誰かと同じであるとは限りません。相手が同じような行動をする場合、関わりたくないと感じるならば、その人との関係を終わらせることは重要です。

ただし、似たようなフレーズや趣味が重なったからといって、過去の傷を引き金にしてしまうのは避けるべきです。

過去の経験が新しい関係に影響を与えることはあるかもしれませんが、それだけが新しい人との接点を切る理由ではありません。相手があなたを傷つけるかどうかは、その人自身の行動によって決まります。

感情的な自分を冷静に見てしまう

感情的になる前に人を切ってしまうことは、デート中に冷静な判断をしていることなので、一概に悪いことではありません。

出会い系アプリを使っていた際、相手が自分に合わないと感じた場合、早めに気づくことは重要です。ただし、エネルギーを守るためや有害な人物を避けるために人を切るのと、過去の傷から来る恐れから人を切るのは異なります。

人を切る理由として以下のようなものが挙げられます:

  • 相手の返事を考えすぎている。
  • 感情をキャッチし、それが怖い。
  • 自分から関係を切り捨てようとしている。
  • 相手が自分を嫌っているのではと心配している。

ただし、傷つくことを恐れて過剰に人を切ると、素敵な出会いを見逃してしまうかもしれません。バランスを保ちながら、自分の感情や境界を大切にすることが大切です。

気持ちを表現できない

自分の気持ちを表現することを避けることは、傷つくのを恐れて我慢している最も一般的な兆候の一つです。

誰かを好きになったとしても、おそらく相手はそれに気づかないでしょう。

相手に気持ちを伝えることは、自分をさらけ出し、無防備になることを意味します。拒絶される可能性があることを知っているからこそ、表現することには勇気が必要です。

専門家によれば、恋愛で拒絶されることを恐れるのはごく普通の感情です。しかし、その恐怖に支配されず、自分の気持ちを伝えることが大切です。そうしないと、真実の愛を見逃す可能性が高まります。

機会は有限です。それを考えて態度を決めてください。

デートの際に自然体でいられない

デートで自分らしくいることをためらうことは、初めてのデートの際に経験することが多いでしょう。

相手に好意を持たれたいという気持ちと同時に、傷つくのが怖く、成功させようという焦りも感じているはず。大人になった今振り返ると、未熟さがはっきりとわかるはずです。

自分らしくない姿勢でいることには何のメリットもなく、むしろ自虐行為に等しいものです。

もし相手が本当の自分を受け入れてくれないのなら、それは続けるべき関係ではないと悟りましょう。うわべだけの言葉や態度は、いつか必ず露呈します。相手に合わせようとすることなく、本当の自分を知ってもらって、それを好きになってもらいましょう。

先にアクションを起こせない

男性が先に動くべきだと思うか、物事は平等であるべきだと考えるかは個人の考えによりますが、あなたが待っているだけで自分の気持ちを表現しないと、それは悪い兆候となってしまいます。

好きな人がいれば、自分の気持ちを伝えることが大切です。

相手が何かを尋ねてくるのを待つだけでは、相手には伝わりません。微妙なサインを出すことは、相手によってはあなたがまったく興味を持っていないと誤解されることもありえます。

相手の気持ちを知りたい場合は、直接聞くことが一番です。相手が答えない場合でも、それがあなたの望む答えでなければ、次に進むことができます。相手とのコミュニケーションはデートの一部であり、お互いの気持ちを尋ねることは普通のことです。

まとめ:勇気と素直さを取り戻そう

愛を見つける方法には正解も不正解もなく、多くの人が自分なりの意見を持っています。

しかし、専門家によれば、拒絶を恐れているときに人がやりがちな行動があります。そして、このリストに挙げた行動はまさにそれなんです。

傷つくことを恐れているときに陥りがちな行動を見直し、自分を開放することが、愛と幸せを見つける一歩となるかもしれません。どんなに難しい状況でも、素直な気持ちを表現し、自分らしくいることが重要です。

Menu