心から成長したいのならこの5つのことを今すぐやめよう

あなたは成長を望んでいるだろうか?

もしそうであるなら、何をすべきで何をやめるべきだと思いますか?

成長を阻む行動や考え方にはパターンがあります。それらは観念的なものではなく、専門家によって証明された確かなものです。

ここにあげる5つのことを、やってしまっていないか確認をしてみてください。もし無意識にやってしまっているのであれば、今すぐにやめるように心がけてみましょう。それだけで成功にグッと近づくことができます。

Menu

人との比較

他人と比較することは、自分の喜びを奪ってしまうことと同義かもしれません。

周りには自分より成功している人、裕福な人、美しい人が必ずいるものです。

他人と比べて妬んだり、恨んだりすることは、ソーシャルメディアを見るときによくあることですが、それは本来の使い方ではありません。本来のネットやSNSは、私たちにインスピレーションを与え、好奇心をくすぐるものであるべきです。ポジティブな気持ちを得るために使ってこそ、その存在意義があります。

そんなネットやSNSを通して他人と自分を比べることは避けましょう。私たちは皆、異なる特徴や能力、バックグラウンドを持っています。それを比べるのは、まるでリンゴとオレンジを比べるようなものです。意味がないですよね?

そして、他人がどれだけの努力をして現在の地位に至ったかもわかりません。唯一確かなのは、あなたの人生という物語です。

学びの機会を逃す

学ぶ機会を逃すことは避けたいところです。

人生はいつも新たな教室のようなものであり、好奇心を持ち、学ぶ意欲をもってあらゆる経験に取り組むことが重要です。なぜなら、成長は思いがけない場所や状況から生まれることが多いからです。

多くの人が高校や大学を卒業すると、学ぶことをやめてしまう傾向があります。仕事に就き、それが人生のすべてだと考えがちです。それが本質的に悪いとは言いませんが、成長したいと思うのであれば、常に新しい学びの機会を見逃さないようにしましょう。

大人になることは、仕事と家族と休暇があるだけを意味するわけではありません。他者との交流や、生涯学習も含まれます。もし今すぐ死ぬとしたら、今自分が残したいと思うものは何でしょうか? ものではなくて経験や学びだと答える人が多いはずです。

自分より他者を優先する

大人になると、周囲の人々を大切にし、面倒を見ることが求められます。

社会人になると子供やペット、そしてパートナーの世話をし、その後は年老いた両親のサポートも考えなければなりません。

他人の世話をすることは、その人たちのニーズに注意を向け、自分の欲求や要求を犠牲にすることにつながりがちです。しかし、自分が満たされていないと他者には何も提供できません。

罪悪感を感じずに、まずは自分のケアを優先しましょう。自分を大切にすることで、大切な人たちにもより深く寄り添い、支えることができるようになります。

それにはバランスも重要です。自分自身に適切なケアを施すことで、他者に対してより良いサポートを提供できるでしょう。

先延ばし

先延ばしは、快適なゾーンにとどまりたくなる心理的なものですが、そこから一歩踏み出すことが重要です。

大きな仕事に取り組む際、その規模や難易度が手に負えないように感じられることがあります。これを克服するためには、仕事を小さなタスクに分割することが役立ちます。小さなステップを踏むことで、大きな進捗を生むことができます。

例えば、自動車保険を見直すとしましょう。この作業は面倒で苦痛に感じがちですが、それを小さなステップに分けてみましょう。

最初の日にはWEB検索をし、お得な保険について10分だけ調べることから始めます。次の日には、保険会社のウェブサイトに情報を入力し、契約内容を確認してみます。そして最後の日には見積もりを確認し、他社と比較して、より安い保険を探してみましょう。

こんな感じで大きな課題が小さな具体的なステップに変わり、取り組みやすくなります。あえて日をまたぐようにすると、難しい課題も気がついたら終わっています。

考えすぎて行動しない

物事を先延ばしにすることは、しばしば「考えすぎること」から発生します。

もちろん、物事をじゅうぶんに検討することは大切ですが、適切なタイミングで行動に移すこともまた重要です。

物事を考えすぎてしまい、結局行動に移せなくなることが日常生活でもよくあります。学ぶことや考えることは素晴らしいことですが、ある時点でその情報や知識が自分にとって十分であると判断し、行動に移すことが必要です。もちろん、特定の専門職に従事している場合は異なりますが、一般的な場合は適度な情報で十分に行動できます。

考えすぎは、心の流れに影響を与えるものです。必要であればマインドフルネスを実践し、現在の瞬間に注意を払う習慣をつけましょう。行動は考えることよりも多くをもたらしてくれます。それは真実です。

まとめ:成長をはばむ態度

さて、5つの事柄をご紹介しました。あなたはいくつ当てはまりましたか?

いずれも態度や考え方なので、実践は簡単なように思えますが、実際はとても難しく、だからこそ成功できる人は少ないとも言えます。

実践のコツは、定期的に意識をすること、毎日継続すること、この2点です。私たちは忘れがちで怠けがちです。それを前提に、朝昼晩、マインドフルネスなどを利用してこれらの事柄を思い出すようにしてください。

そういった小さな一歩の積み重ねが、悪い習慣を排除して、あなたを成功へと確実に近づけることでしょう。

Menu