見た目が好みではない人を好きになってしまう理由7つ

人には誰でも「好みのタイプ」というものがあると思います。

その多くが「見た目の特徴」なのですが、たまに、見た目は全然好きではないんだけど、なぜか好きになってしまうことも多くの人が経験しているでしょう。

今回は、女性目線で、まったく好みではないのに好きになってしまうのはなぜなのか、その理由となりうる7つのことを説明していきます。

Menu

金がある


権力と同じように、お金も人を簡単に酔わせるものです。

高級レストランでもてなされ、プライベートなコテージに宿泊し、限界までショッピングに出かけることを想像してみてほしい。

だから、若くて美しい女性の多くが、金持ちで権力のある男性に夢中になるのです。

ある研究を引用すると、”女性は男性よりも「稼ぐ力」を高く評価している “という。

だから、腹が出て禿げているにも関わらず、きれいな女性と一緒に街を歩いているおじさんを、私たちは見かけるのでしょう。あの背後には確実に金の存在があります。

これは決しては悪いことではありません。稼ぐ能力もその人の魅力の一つです。

声と話し方

魅力的に見えない人でも、声(またはアクセント)が適切であれば、確かに魅力的に見えるかもしれません。

例えば、深みのある声。

とあるレポートによると、深い声の男性は “狩猟能力、出世、力強さ “と結びついているため、このような魅力が生まれるのだとされています。

女性の場合は逆で、高い声の人はより魅力的であると考えられており、このような声のトーンは “若さの象徴であり、したがって将来の生殖可能年数の現れである “と考えられています。ちょっとストレートな表現ですが、生物学的にも声は大切な要素、ということです。

声とは別に、その人のアクセントもあなたを引きつけるかもしれません。

フェロモンが出ている

フェロモンとは、私たちの体から分泌される物質のことで、口臭、唾液、汗、そして “プライベート “な分泌物(意味がわかるかな?)に含まれます。

ある研究によると、これらのフェロモンにはステロイド化合物というものが含まれています。その一種、アンドロスタジエノンは、男性の汗に大量に含まれているそうです。また、女性からもたびたび検出されるとされています。

ある研究では、「女性のアンドロスタジエノンへの暴露は、潜在的な交際相手の魅力度評価を促進する」ことが示されています。言い換えれば、これらのステロイド化合物の匂いを嗅いだ女性は、『気分が向上する』と指摘されています。

そして、あなたが洞窟で暮らしていない限り、この気分は “女性の性的反応を促進することが知られており、集中力の向上は性的満足度を向上させる” そうです。

だから、たとえその人があなたの好みにあまり合わなくても、その人の『匂い』があなたを興奮させるので、あなたはその人を好きになってしまうかもしれませんね。

寛容である


「いい人は最後にゴールする」という言葉もあります。

多くの人が知らないだけで、この無私の精神は「モテない」人を魅力的にする一つの武器となりえます。

ある報告書は「利他的な特徴は、男女ともにパートナーを選ぶ際に考慮する要素である可能性がある」と述べています。

自分や他の人々に優しく接してくれる人と一緒にいたいと思うのは当然であるだけでなく、進化的な呼びかけによっても起こるとされています。

そのレポートはこうも述べています。

「私たちの祖先にとって、長期にわたってよき親となる意思と能力を備えた相手を選ぶことは重要だったはずだ。利他主義を示すことは、そのための正確な手がかりとなり、その結果、利他主義に関連する遺伝子が好まれたのでしょう。」

寛容な人を好きになるのは、生物学的に見ても自然なことと言えそうです。

自分に自信がある

ある人の名言にこういうものがあります。「あなたが身につけることのできる最も美しいものは自信です」

たぶん多くの人が納得するのではないでしょうか。

私たちの多くは、自信ある人たちに惹かれずにはいられない。なぜなら、自信とは「他人と比べたり測ったりすることに関係なく、自分が自分であることを自覚すること」だからです。

ある研究者は科学雑誌において「自信は、あなたが自分自身に満足していることを人々に示し、あなたにある種の落ち着きや魅力、自己主張を与えます」と説明しています。

そして、自分に自信のある人は余裕があるので、他者に対して優しく親切でもあります。自信を身に着けるとすべてが手に入ると言ってもよいでしょう。

ユーモアがある

こんなケースを思い浮かべてみてください。

あなたがそんなに期待していない相手とデートに出かけた。

あなたは、そのデートにまったく期待をしていなかったが、予想以上にうまくいった。なぜならその人はあなたをたくさん笑わせたから。そして今、あなたは2回目のデートを計画している…

これは珍しいことではありません。人間の本性とも言えます。

実際研究によれば、「異性愛者の女性はユーモアのある男性に惹かれることが多く、男性は自分のジョークを笑ってくれる女性を求めていることが多い。」要するにユーモアは双方にとって魅力と直結しているのです。

笑いというポジティブな感覚は、それを一緒に体験している相手と結びつかせる作用があるのです。

知的である

正直なところ、一般的にはルックスに優れているとは言えない女性を好きになったことがあります。

しかし、彼女はとても知的でした。

専門家によると、もしあなたが頭のいい人に惹かれるなら、それは「サピオセクシャル」である可能性が高いという。

聞いたことがない言葉ですが、それはWebMDによると、「非常に知的な人に性的魅力を感じることがある。時に知性はパートナーとして最も重要な特徴だと考えるほど」だという。

だからこそ、私たちは”感情的な結びつきや、肉体的な前戯の不可欠な部分として、知的な活動も楽しむ “のです。先ほどのユーモアとの関連性も当然高いと言えるでしょう。

まとめ:好きになるのに理由はいらない

さて、ピンときたという項目もあったと思います。

人は、見た目だけではなくて、総合的に相手を判断し、そして理性ではなくて感性的、また生物学的にも人を好きになることがあるのです。

一時的な衝動は、それら感性に訴えかけてくるものが多く、長い目で見ると注意が必要なケースもありますが、もしあなたの隠せない本能が「好きだ」と言っているのであれば、それはアプローチを始めるときだと言えます。

逆にこの記事を読んでいる男性陣は、もし見た目に自信がなくても、ここに挙げたことを意識して成長させるようにしてください。自然に異性から好かれるように変化していくはずです。

Menu