単調な日常を意味のあるものに変える5つの工夫

毎日同じような日々が続いていて、退屈だし何をしても興味がわかない。

そんなことを最近感じていないでしょうか?

現代社会は、安全安心と引き換えに私たちから刺激と興奮を奪ってしまいます。これは仕方のないことです。ですから、意識をしてワクワクするような体験や考えを、日常に取り入れる必要があるでしょう。

ということで今回は、退屈で単調な日常に変化を与えてくれること5つをご紹介していきます。

Menu

自然に触れる

自然とのつながりは、心に深い静けさをもたらします。

木々の葉がざわめき、小鳥がさえずり、風がそよぐ音。これらから得られる小さな喜びは、私たちの心を落ち着かせ、物事の大きな流れのなかでの自分の位置を思い出させてくれるのです。

普段の生活が単調に感じられるとき、自然の中に身を置くことで新しい気分が得られます。周囲の美しさを楽しむだけでなく、大きな存在の一部であることを感じることができます。

公園を散歩したり、湖畔に座ったり、ただ窓から夕日を眺めたりするだけでも、この自然とのつながりの瞬間が自己発見の契機となることがあるのです。

毎日が単調に感じられるとき、一歩外に出て、自然とつながる機会をつくってみてください。そこには静けさと安らぎがあり、思いがけない驚きも待っているかもしれません。

目標を設定する

個人的な目標を設定することは、単調な日々を意義深い冒険的なものに変える良い方法です。

それによって、目指すべき対象や方針が明確になるからです。

目標は大それたものである必要はありません。新しいスキルを身につけたり、健康を向上させたり、人間関係を築いたりすることでも十分です。大切なのは、自分にとってプラスになるような目標を見つけることです。

目標を設定したら、その達成に向けて小さな一歩を踏み出してみましょう。この一歩一歩が、自分の潜在能力を開花させ、自己理解を深める手助けとなるでしょう。

退屈な日々を変えたいと思っているのなら、個人的な目標を設定する時間を作り、それを実行すればよいのです。もちろん、その過程は成功へも続く道筋となってくれます。

ちょっと我慢してみる

自分に対して忍耐強くあることも、日々を新しい気持ちで過ごすことに重要な要素です。

変化は一夜にして生じるものではありません。大きく前進する日もあれば、立ち止まっているように感じる日もあるでしょう。それで構いません。

一歩一歩がどんなに小さなものでも、あたらしい自分へ向かう旅の一歩となります。ですから、忍耐強く毎日一歩を進めるちょっとした我慢をしてみてください。

もしも退屈だなと感じたら、それは自分を発見するチャンスであることを思い出してください。そして、忍耐強くなることも忘れないでください。継続的に我慢強くモノゴトを続けることは、長期的に見ると人生そのものを大きく変えていきます。

新しい何かに挑戦する

ありきたりな言葉に聞こえるかもしれませんが、コンフォートゾーンから一歩踏み出すことは、自己変革の素晴らしいきっかけになるでしょう。

これは私の例なのですが、ある退屈な日曜日、興味と退屈から、私はヨガを試してみることにしました。私はヨガを単なる流行りのエクササイズだと考えていました。しかし、それは誤りであると知りました。

ポーズをとりながらじっとしていると、今まで経験したことのない心と体のつながりを感じました。これは柔軟性や強さだけの問題ではなく、マインドフルネス、集中力、俗に言う内なる平和の発見でした。

ヨガは10年以上にわたり私の人生の一部となり、そのすべては退屈な日に何か新しいことに挑戦することから始まったのです。

だから、今度マンネリに行き詰まったら、やったことのないことに挑戦してみてはどうでしょう。新しいレシピに挑戦する、今まで探求したことのないジャンルの本を手に取る、あるいは新しい言語を学ぶといった簡単なことでもいいです。

それがどこにつながるか。想像もできないことに行き当たるでしょう。

本に没頭する

本は、異なる世界、異なる時代、異なる人生への入り口のようなものです。

本には、私たちの心を開き、ほんの少しの間でも他人の人生を歩いているような気持にさせる不思議な力があります。

良書に没頭することは、退屈な一日の暇つぶしに役立つだけでなく、新しい考えやアイデア、視点を刺激することもあります。自己啓発書であれ、尊敬する人の伝記であれ、あるいは単なる良質な小説であれ、読書は自己発見のきっかけになります。

だから今度、マンネリ化した自分に気づいたら、読みたいと思っていた本を手にとってみてはどうでしょう。そのページに飛び込んで、その世界に没頭してみてください。その過程で、新しい視点や人生観を得られることでしょう。

読書は時代を問わず、有効な自己変革の術です。

まとめ:まずは今この瞬間を変えてみる

ということで、退屈な毎日を面白いものにするためにできることを5つご紹介しました。

基本的で常識ともいえる内容だったかもしれませんが、いずれの方法を採用するにしても、それだけに集中するように心がけていただきたいのです。

自然に触れるのであれば、スマホは家に置いてきて双眼鏡を持っていく。本を読むのであれば、図書館に行き丸一日集中して読書をする。

その集中は確実にあなたを新しいステージに引き上げてくれるものになります。退屈だと感じることは二度となくなるでしょう。

Menu