精神年齢が高くてオトナな人が持つ5つの特徴

あなたの精神年齢は何才だろうか? いつまでも中学生気分ではいられませんよ!

今回は精神年齢が高くて、感情的に成熟している人たちが持っている特徴を5つここにご紹介していきます。あなた自身、そして周囲の人に当てはめて考えてみてください。

人間関係改善のヒントや、あなたの成長に寄与するアドバイスを見つけることができるはずです。

Menu

自分の弱さを知っている

人間とは本来脆く弱いもの。

自分の弱さはなるべくなら隠したいもの。なぜなら、それは開かれること、リスクを取ること、そして潜在的な傷害にさらされることを含むからです。しかし、自身の脆弱性はまた、愛、所属感、そして喜びの源でもあります。

感情的に成熟した人々は自分の弱さ、すなわち、自身の脆弱性をよくわかっています。彼らは自分が間違っているときに認めることを恐れず、助けを求めることをためらわず、自分の気持ちをオープンに表現することができます。彼らは脆弱性を受け入れることが強さであって、弱さではないことを知っているのです。

脆弱であるとは、仮面を取り払い、自分を見せることを意味します。欠点を含め、私たち自身をさらけ出すことです。他者との交流においていつも正直で本物であること。

もし脆弱性を受け入れ、ガードを下げて本当の自分を見せることができるなら、たとえそれが一時的に怖かったり不快だったりしても、あなたは感情的に成熟していると言えるでしょう。

自分がしたことに責任を持つ

私も若いころは、自分の間違いや失敗について他者や運命を責めることがありました。

責任を取るよりも何かのせいにするほうが簡単でした。しかし、時間とともに、この考え方は何も生みださないことを学びました。

自分の行動に対する責任を取ることは、感情的に成熟した人にとっては当たり前のこと。自分が間違っていたと認め、過ちから学び、必要なら修正することです。

最近私は以前と違い、何かがうまくいかないとき、言い訳を探す代わりに内省的になり、自分に問いかけます。「どうすれば違った結果になったのか? この状況から何を学べるか?」 この考え方の変化は大きな変化を起こしました。これにより、個人として成長し、人間関係を改善する助けになりました。

もし自分の間違いを認め、行動に責任を取ることができるなら、それは感情的な成熟の重要なレベルを示しています。

変化を受け入れる

変化は人生の「必然」の一部です。変化だけが確実なことなのです。

転職や失業、新しい街への引っ越し、人間関係の終了など、人生は移り変わりに満ちています。

感情的に成熟した人々はこれをわかっています。彼らは変化に抵抗したり恐れたりしません。むしろ、変化を受け入れます。変化を成長と新しい経験の機会と見なすのです。

そういう人たちも、変化の時期に不確かさや恐れを感じないわけではありません。しかし、恐れが彼らを麻痺させるのではなく、前に進むことを選びます。彼らは新しい経験ごとに適応し、学び、成長します。恐れを感じていることは新しい成長の機会の始まりだと知っているからです。

ですので、もし変化を受け入れ開かれた心で、新しい状況に柔軟かつ落ち着いて適応できる人であれば、それは感情的に成熟していると言えますね。柔軟で強い人です。

自我を持っている

感情的な成熟の最たるものは、自己認識にこそあります。

それは自分の感情を理解し、なぜそのように感じるのか、そして感情が自分の行動にどのように影響するかを理解することです。

専門家は感情的な成熟における自己認識の重要性をよく強調します。なぜなら、それが衝動や過去の経験に動かされるのではなく、意識的な決定を下すのに重要だからです。

例えば、自己認識があると、なぜ特定のコメントや状況が防御的な気持ちを引き起こすのかを特定できます。攻撃的に反応したり、その否定的な感情を抑え込むのではなく、冷静に感情を伝えるか、それが無理なら状況から離れる選択を取ることができます。

自己認識があるということは、ネガティブな感情を経験しないということではありません。

代わりに、ネガティブなことも受け入れ、それを効果的に管理することで、より健康な対人関係やバランスの取れた精神状態に導くことです。そして、これが感情的な成熟の明確な兆候なのです。

批判も平気

数年前、私はネット上の少しの批判でくじけてしまっていました。

ネガティブなコメントは自分の価値を直接的に攻撃されたように感じられす。

しかし、感情的に成長していく過程で、私は批判を異なる視点で見ることを学びました。

今では、それを成長の機会と捉えています。確かに、冷静な対処は簡単ではありません。でも、一歩引いて深呼吸し、フィードバックを客観的に評価することを学びました。

他者からの批判を自己評価の基準にするのではなく、その中に意味を探すのです。 この視点の転換は、私の職業的な成長だけでなく、プライベートな人間関係も変化させました。

批判にうまく対処でき、それを個人的に受け取ったり怒りっぽくならないことは、確かに感情的な成熟の兆候です。成長を重視し、誰もが完璧ではない(自分自身も含めて)ことを理解していることを示しています。

まとめ:いつまでも子供ではいられない

ということで、精神的、感情的にオトナな人の5つの特徴を見てきました。

あなたはいくつ当てはまっていたでしょうか。もしくは一つも当てはまらなかっただろうか…

感情的に成熟していると、長い目で見て人生が楽になります。なので、ぜひ今日から考えと行動を改めて、これらの条件を満たせるように努力をしてほしい、そう思いますが、そんなに簡単なことではないですよね。

これら5つすべてに応用可能なことが一つありまして、それは、すぐにリアクションをせずに深呼吸をする、というシンプルなことです。

その深呼吸で、反射的にネガティブなことを言ったりしたりすることの多くを回避することができます。まずはそこから始めてみてはどうだろうか。

Menu