頭がよくて自尊心が低い人の5つの特徴

頭が良い人は、その考え分析する能力から、自尊心を削る傾向にあります。

頭の明晰さと心はまったく別物なので、対処するのが難しいと言えます。ですが、よくあらわれる兆候を理解することで、少しかもしれませんが生きやすくなるものです。

ここでは「頭がよい低自尊心」な人にしばしば現れる兆候を5つ紹介していきます。

Menu

人前で黙り込む

口をつぐむことは、社交の場で頭のいい人が変わり者と感じられる一因となります。

しかし、あなたが他の人と同じくらい価値のあるものを持っていないわけではありません。実際、頭のいい人は物事を先回りして見ることができ、一流の問題解決能力を備えているのです。

ただし、肯定的な自己イメージ(自尊心)を維持することに苦慮している場合、他者に嘲笑されたり誤解されることを心配して、素晴らしい理論や洞察力を共有することをためらうことがあります。

貴重な意見を持つ人物が、なぜ自分の考えを共有する価値がないと感じるのか、不思議でなりません。逆に、特定のトピックについて詳しくないにもかかわらず、くだらない話をやめられない人もいます。

克服法として、まずはじっくり話を聞いてくれる人を見つけて、とにかく話し始めてみることです。順序だてたり、ストーリーを整える必要はありません。

人の輪に入ることができない

いつも部外者のように感じていませんか?

もしかしたら、学生時代にはずっと仲間外れにされたような気分で、他の人々とのつながりが難しかったかもしれません。

知的な人々は、典型的な群衆に馴染めないと感じることがよくあるみたいです。彼らは深い人生観を持ち、好奇心旺盛であり、興味があちこちに飛んでいきます。

しかし、知的な人々もまた、社交的な場面、特に世間話が必要とされる場面にでくわします。世間話や表面的な話題が得意でないと、気まずさを感じたり、他の人々を退屈させないか心配することがあります。

このような恐れにより、部外者のように感じるのです。若い人は少しずつ他者との会話に慣れていきましょう。もしあなたが成熟した大人で、いまだに職場や社会になじめないと感じているのなら、諦めるのも大切です。

自分と他者に厳しすぎる

もしもあなたが不安を抱える完璧主義者であれば、自らに対して非常に厳しい態度をとる傾向があります。

自分に課す基準は非常に高く、高い知性を持つあなたは常に完璧な人生を追求しようと努力しているでしょう。

ただし、自尊心が低い人と厳しさは自分を苦しめる凶器に変化します。

ようするに、常に自分に辛い思いをさせてしまう傾向があります。その上、自己意識が過剰なため、自分の限界をよく知っている反面、自分を評価し、欠点を洗い出し、それを改善することで完璧になれると純粋に信じていることが挙げられます。

しかし、ここで問題となるのは、この自己評価がしばしば過剰な自己批判につながり、ネガティブな部分に固執してしまいがちだということです。人間は複雑で一つのものさしで測れるものではありません。

優柔不断である

もしあなたが考えすぎるタイプで、大小の選択にストレスを感じているなら、知性は高いけど自尊心に欠けているかもしれません!

高い知性を持つ人は通常、完璧主義者です。特に正しい決断を下すことに関してはその傾向が強いです。

あなたは人生を単純な白か黒で見るのではなく、限りないグレーの濃淡の中で選択をするべきです。問題や状況は微妙で複雑であり、それらに対処するのは単純でも簡単でもない、それが当たり前です。

期限が迫っているのに決めきることができない、なかなか動き出せないのは、簡単に言うと自分に自信がなく、失敗を恐れているからです。世の中には完全な成功も、完全な失敗もありません。何事もそこそこの結果になるもの、そう普段から思うようにしてください。

いつも何かを考えている

聡明な人は、多動な精神のせいで、多くの人が楽々と享受しているように見える心の平穏や幸福を得るのに苦労することが多いです。

自己認識が高く、世界を鋭くとらえるため、自分の動機と行動、そして周囲の人々の行動を常に分析することになります。

このような内面的な詮索は、自尊心の低さと相まって特に疲弊します。

通常、完璧主義者でありながら自分自身を疑っているという矛盾を抱えているので、どうしても自尊心を保てないのです。

この習慣は頻繁に彼らを精神の渦に陥れ、最終的には彼らを疲れさせ精神的に追い込みます。

もしあなたがよく考えすぎたり、自己反省のループにはまったり、いつどのように行動を起こせばいいのかはっきりしないまま、常にあらゆることを分析していることに気づいたら、あなたは自信喪失に陥っている知的な人である可能性が高いです。

考えるな、と言ってもあなたは考えてしまうでしょう。解決策は、簡単なことから着手する、これしかありません。物事に優先順位をつけずに目の前の事柄をやっていきましょう。

まとめ:前向きな行動を

覚えておいてほしいのは、明晰なあなたは現状を変える力を持っているということ。

自分の思考パターンや、自分自身と世界の捉え方をもう一度見直してみてください。ただし、自己愛、寛容さ、自己主張という新鮮な視点でやってみてください。

長年抱いてきた不健康な自己イメージを再構築するには、多少の練習が必要ですが、絶対にできるはずです。もしそれが大変だと感じたら、気の合う友人や家族とおしゃべりをするのも効果的です。

賢いひとは何事もじぶんで解決をしたがる傾向にあるのですが、時には人を頼ることも必要です。そして、その中で解決策を得たり心の平穏を手にすることもしばしばあります。

まずはここに挙げた6つのことを自覚して、少しずつ行動を起こしていきましょう。

Menu