永続的な幸せを手に入れるために今すぐやめるべき5つのこと

瞬間的ではなく、長期間じんわりと感じられるしあわせを手に入れたい。

そう思う人は多いと思います。私もその一人です。

そのためにはどういうことを考え、実行すればいいのだろうか。お金を貯めて温かいところに引っ越せば手に入るのだろうか。おいしいものを好きなだけ食べられれば、それでいいのだろうか。

今回はむしろ、「今すぐにやめるべきこと」に焦点を当てて、5つのことをご紹介していきます。しあわせは案外身近なところに潜んでいると気がついてください。

Menu

人間関係を軽視する

人間関係は私たちの生活において非常に重要な要素です。

家族、友人、そしてパートナーなど、これらの関係は私たちに支えや愛、帰属感をもたらしてくれます。

しかし、目標や夢を追い求める中で、つい人間関係をおろそかにしてしまうことがあります。感謝の気持ちを忘れてしまったり、当たり前だと思い過ごしてしまったりすることがあるでしょう。

こうした人間関係が崩れると、私たちの幸福感にも影響を与えることがあります。人と繋がりたいという欲求は本能として深く根付いたものであり、この欲求が満たされないと、孤独感や不満が生まれることがあります。

ですから、当たり前ではありますが人間関係を大切にしましょう。しあわせへのベースはここにあります。

時間をかけて関係を築き、愛と感謝の気持ちを常に伝えるようにしましょう。結局のところ、人生で大切なのは手に入れることではなく、誰と共有することなのです。

あれこれ考えすぎる

私自身、思考の渦に迷い込み、数え切れないほどの夜を過ごしてきました。

過去の恥ずかしい言動や将来についてのストレスまで、あらゆることを考え込んできました。

しかし、時間をかけて気づいたのは、考えすぎは問題を解決するどころか、逆に増幅させるだけだということです。心配と不安の連鎖を生み、精神衛生に深刻な影響を与えることがあります。

このサイクルから抜け出すのは簡単ではありませんが、それは可能です。例えば、定期的なマインドフルネスと瞑想は、心を静め、現在にとどまるのに大いに役立っています。

未来や過去に支配されることなく、今この瞬間に満足感があることを忘れないでください。そうすれば、充足への道がより明確になることに気づくでしょう。

感謝をしない

感謝を無視することはぜったいに避けるべきです。

感謝は幸福の礎です。欠けているものに憧れるのではなく、既にあるものに感謝をしましょう。

感謝の気持ちを実践するとき、私たちは日常生活の中にある素晴らしいものに気がつくことができるでしょう。この単純な行為は、心の焦点を無いものから有るものへとシフトさせ、満足感を育みます。

感謝日記を書き始めるか、あるいは単に毎日少し時間をとって、自分が何に感謝しているかを振り返ることを検討してみましょう。朝一、もしくは寝る前の習慣にしてもよいでしょう。

些細なことに思えるかもしれませんが、この小さな変化が、あなたの全体的かつ長期的な充足感に大きな影響を与えることでしょう。

完璧主義になっている

完璧を追い求めることは避けた方が良いです。

満足感を得るための最大の障害物のひとつは、完璧を執拗に追い求めることです。

個人的な成長と向上を目指すのは確かに健全なことですが、自分自身や他人に非現実的な期待をかけると、常に失望を味わうことになります。失望しかない毎日になってしまうのです。これは恐ろしいこと。

この世の真理として、完璧は存在しないということをまずは知ってください。そして、この事実を早く受け入れれば受け入れるほど、自分自身や周りの世界ともっと平穏に向き合うことができるでしょう。

人生の不完全さを受け入れれば、満足感はあっけなく手に入ります。私たちの不完全さこそが、私たちを人間的でユニークな存在にしていることを忘れないでください。

他者との比較

絶え間ない比較は避けるべきです。

とくに他人との比較は、誰もがしてしまいますが、きわめて危険な行動なのです。

ソーシャルメディアの台頭により、私たちは常に「完璧な」生活を送っているように見える人々の画像や動画にさらされています。そのため、私たちは自分の人生に物足りなさや不満を感じてしまうことがあります。

しかし、ここで重要なのは、誰の人生もユニークであり、私たちが自分を比較すべきなのは、昨日の自分だけだということです。きのうより一歩進めたかどうか、それが最も重要なことだと気がついてください。

ソーシャルメディアで目にするのは、その人の人生の本当の姿ではなく、切りとられたハイライトであることが多いです。だから、現実の認識を歪めてはいけません。

他人と自分を比較するのをやめて、自分自身の旅路を評価し始めた瞬間、あなたはより大きな満足感を得るでしょう。

まとめ:考え方ひとつで大きく変化する

当然、価値観は人それぞれなので、しあわせを定義することは不可能でしょう。

でも、ここに挙げた5つのことは、間違いなくあなたを幸せから遠ざける事柄なので、今すぐにやめるべきことなのです。そして、幸せは思っていたよりも身近に存在していて、心がけ次第で簡単に手に入るものだと気がつくでしょう。

特に、個人的には、他者との比較は最も危険な行動です。するなと言ってもしてしまうので、コツを一つお教えします。

それは、比較そのものをやめるのではなく、比較対象を変えること。文中でも触れましたが、比較をするのは昨日の、去年の自分だけ、そう決めてしまえば、いくら比較してもOKです。

Menu