多様性を受け入れ広い視野を持つために必要な7つのこと

あなたは多様性を受け入れていると自分で言えるだろうか。

ここ数年で急速にこの考え方は日本においても広がっています。むしろ、多様性を認めないと生きていけない社会と言っても過言ではないでしょう。

ちょっとした考え方の変化で、思っているよりも簡単に多様性を受け入れ、新しい視点でものごとを見られるようになるものです。ここではそんな、多様性を受け入れるために必要な資質について触れていきます。

Menu

共感力

共感には他者の感情や状況に対する理解とともに、共感を表現するための行動も含まれます。

相手の気持ちを受け入れ、共感の意志を示すことは、コミュニケーションや人間関係の質を向上させる重要な要素です。

共感は感受性を高め、異なる視点やバックグラウンドを持つ人々とのコミュニケーションを円滑にし、理解を深める助けになります。他者の立場に立って物事を考え、感じることで、協力関係や共同作業が円滑に進むことがあります。

そして、他者の視点でものごとを眺めるクセがつくと、視野がとても広がり、ちょっとしたことでは頓挫しないやわらかい頭を作ることができるのです。

共感は人間関係をより意味深いものにし、お互いを尊重し合う土壌を築くと同時に、あなたにもたくさんの新しいことをもたらしてくれるでしょう。

辛抱強さ

異なる視点を理解することは、即座にできるものではなく、時間と辛抱が必要になります。

新しいアイデアや視点に対して開かれた心を持ち、自分の理解を深めるためには、継続的な学びと成長が欠かせません。

辛抱と忍耐は、異なるバックグラウンドや経験を持つ人々との対話や交流において、もっとも大切なことの一つでしょう。

それぞれの視点や経験は、時間をかけてじっくり受け入れ、尊重されることで、より深い理解を生むことができます。

また、自分が他者の視点を理解しようとする姿勢は、相手にも同じような理解と忍耐を促すことがあります。お互いに対話し、学び合うことで、より豊かなコミュニケーションと協力関係が築かれるでしょう。

辛抱強さは一見多様性の理解とは無縁と思われますが、このように、あなたの知見を広めるために必要不可欠な資質と言えます。

定期的な振り返り

定期的な振り返りや内省は、自己成長や他者との理解を深めるために非常に効果的な手段と言えます。

期間を区切って自分のしてきたこと、感じたこと振り返る作業を通じて、自分の行動や考え方に気づき、それを改善していくことができます。

また、意外に思われるかもしれませんが、振り返りは他者とのコミュニケーションにおいても重要なのです。あの時彼が言ったことの本当の意味は何だったのか、彼女がしたことの目的はあれだったのか...と他者の言動についても解釈を与えることで、良い方向に理解できるようになります。

一日の終わりでも、1週間の終わりでもよいので定期的に自分と周りの出来事を振り返るクセをつけてください。必ずあなたに良いフィードバックをもたらしてくれます。

謙虚でいる

謙虚さは異なる視点を受け入れ、他者とのコミュニケーションをより豊かで建設的なものにするかなめです。

謙虚な態度は、相手の意見や経験に真摯に耳を傾け、自分の見解を柔軟に変えることができる能力を示します。ちょっと変な言い方になりますが、謙虚さはあなたが持ちうるものの中で最強の部類に属します。

多様性が豊かな学びの源であるように、謙虚さもまた学び続けるための大切な資質です。

謙虚さは自分の限界を認識することとも言えます。それがあれば、他者と協力して共に成長することができます。異なるバックグラウンドや経験を持つ人々と共に、より良い理解と協力を築くことができるでしょう。

幅広く好奇心を持つ

好奇心は、異なる視点を受け入れ、新しい学びに開かれた心を育む重要な要素です。

好奇心があることで、私たちは既知の境界をどんどん越えて、新しいアイディアや経験に触れることができます。

開いている心を持つことは、好奇心を育むために重要な一歩です。新しい情報に対して受け入れる姿勢を持ち、質問を通じて深く理解しようとすることで、自分の知識や見識を拡充できます。そして、異なる視点に興味を持ち、尊重することが、多様性を受け入れる力強い手段となります。

好奇心を持ち、異なる視点に興味を持ち続けることで、私たちはより豊かで広い視野を手に入れ、深い理解と協力の土壌を築くことができます。

不快感を受け入れる

不快感を受け入れることは、コンフォートゾーンから一歩外に出る際に避けて通れないものです。

私はバックパッカーとして旅した経験から、その真価を知りました。

最初はあらゆる面で大変な思いをしましたが、次第に予想だにしない形で学び、成長している自分に気づきました。新しい食べ物、新しい伝統、新しい考え方を発見し、私の人生は計り知れないほど豊かになりました。

今振り返れば、最初に感じた不快な経験は甲斐がありました。新しい視点を得て、周りの多様性に感謝することを学ばざるを得ませんでした。

ですから、不快感を避けずに向き合ってみてください。それは成長と学びの機会として受け入れるべきものです。最初は難しいこともあるかもしれませんが、その価値は十分にあります。

思い込みを捨てる

私たちは皆、思い込みを持っています。

思い込みは、そのままでは視野を狭くするものですが、気がつくことができれば周囲の世界を理解するための近道ともなります。

まず、自分の思い込みについて考えてみましょう。それは事実に基づくものなのか、それとも単なる自分の経験や偏見に基づくものなのか。その思い込みが、多様性の豊かさを理解することを妨げていないだろうか。

思い込みに気がつき修正することは簡単ではありません。自分の信念に疑問を投げかけることなので、不快な思いをすることもあります。しかし、それは型にはまらない視点を受け入れるための重要なステップなのです。

まず、自分の思い込みを認めることから始めましょう。そして、それを疑ってみる。自分の信念と矛盾する情報を探す。異なる考え方をする人と会話をする。このような質問と学習のプロセスを通じて、障壁を取り除き、多様な視点の価値を真に理解することができるようになるのです。

まとめ:100人いれば100の考えが

多様性を認めることには大きなメリットがあります。

それはあなたの視野を広げることにとどまらず、人間関係を円滑にし、人生をより深みのある面白いものに変えてくれます。多様性を身につけることはそこまで難しいことではありません。

まずは他者に興味を持つことから始めてみてください。

Menu