浮気がばれちゃったときの7つの対処法と心構え

浮気がばれてしまったとき、あなたは確実に慌てていて正常にものごとを判断できない状態になっているはずです。

今後のことはとても大切です。なので、最善策を取るべきなのですが、具体的に何をどうしたらよいかわからないと思います。

ここに、浮気がばれてしまったときの対処法と考え方をまとめておきました。ばれちゃった方は以下を読んで、真摯に対応することをおすすめします。

Menu

安易な言い訳をしない

パートナーにたいして肉体的な魅力を感じていない場合、それについて嘘をつくのはさらに相手を傷つけます。

正直になりましょう。

恐ろしく気まずい会話であることは分かっていますが、もしあなたがもうパートナーと寝たいと本当に感じていないのであれば、それを認める義務があります。

浮気の理由が肉体的なものだけではなく、もっと感情的なものだったり、深いものだったりした場合は、そのことに触れてください。しかし、もしその理由が肉体的にもうパートナーに夢中になれないというものであれば、そのことを正直に話してください。

ただつまみ食いをしたいだけだったのであれば、そのことも正直に話してください! 

ばれてしまった場合、極力正直でいるほうが良い方向に向かいます。

全責任は自分にある

謝罪が条件付きであったり、自分のことばかりであったりするのであれば、何の意味もありません。

浮気をした理由はとても深くて意味のあるものかもしれませんが、だからといってあなたにすべての責任があるのです。浮気が「浮気」と呼ばれるのには理由があります。浮気をしたのはあなたなのですから、他の問題と一緒にしないでください。

一度であろうと何度であろうと、パートナーに不誠実であったことがここで議論されているのであり、あなたはそれについて大人の対応をする必要があります。この話題から逃げようとしたり、情状酌量の余地のない事情に立ち入ったりすると、逆効果になり、謝罪が台無しになります。

しかしあなたは、なぜ浮気をしたのか、それでもなお相手と一緒にいたいのかを、完全に白状する必要があります。

しかし、自己犠牲や正当化を100%排除した形で、それを行う必要があります。

現実的な謝罪をする

謝罪することは当然のことですが、それを定着させ、現実のものとすることは別の問題です。

では、現実の世界で浮気のような償いをするにはどうすればいいのでしょうか?

最も重要なのは、感情的に関係を修復することです。

つまり、何をするにも、なぜそれをするにも、パートナーに真の愛と愛情を捧げることです。

気を付けてほしいのは、自分が悪いと思うから相手を大切にするのではありません。それは、浮気者の一部がする恐ろしいことであり、非常に無愛想で恩着せがましいことです。

そうではなく、相手に対して本当に愛と感謝を感じているからこそ、親切で愛情深いことをするのです。

二度と起こさないと誓う

再犯するつもりなら、どんな謝罪も何の価値もありません。

浮気をしないことを真剣に考えているのは確かかもしれませんが、事態の深刻さを把握し、二度と浮気をしたくないと思うことと、本当に完全に誓っていることとは異なります。

どういうことか説明します。

私の友人に何度か浮気をした人がいます。夫とは浮き沈みの激しい関係で、夫は2度とも彼女を連れ戻した。でも彼女はいつも、もう二度としないって言うんです。このようなことで嘘をつかれたらどう思いますか?

彼女は必ずしも嘘をついているわけではないんです。彼女は約束した時は100%本気だった。でも、彼女はまた同じ問題に陥った。

だからこそ、二度と同じことを繰り返さないようにするためには、単に謝罪の言葉を口にするだけでは不十分なのです。

もう二度と浮気はしないと言うとき、それが本心であることを自身で確認するだけでなく、二度と浮気はしないということを、今後毎日、実際に確認する必要があります。ただ、それが本心であったときです。

そこにウソがあり、内心はまた機会があれば浮気をしようとたくらんでいる場合、それは相手を深く傷つけます。さっさと別れたほうがお互いのためです。

浮気した理由を考える

これは私の実体験だが、なぜ浮気をしたのかと聞かれたら、私はうまく答えられなかっただろう。

正直、退屈だった。あと、同僚がすごく魅力的だったから、としか言いようがない。

多くの人にとっては深い答えでないことは分かっているが、これが正直な回答でしょう。同僚を見て、とても惹かれました。それだけなんです。

もちろん、浮気はいけないことだとわかっていたし、妻のこともまだ気にかけていたけれど、僕はどんどんその考えをもてあそぶようになった。そして、何度か浮気のようなやりとりをし、メッセージを送り、1ヵ月後にはホテルの部屋にいた。

その2日後、私たちは別のホテルの部屋にいた。なぜ私は浮気をしたのか?答えは悲しいことだが、ただ単に誘惑に負けただけ。

このように、あなたの素直な心の変遷を意識してください。それが解決へ向けた第一歩です。

それでもなぜまだパートナーでありたいのか

パートナーに謝る前に、なぜ夫婦関係を続けたいのかを確認する必要があります。

謝りたいのであれば、自分がなぜそのようなことをしたのか、今の関係が本当にこのままでいいのかを知る必要があるのです。

パートナーが別れを切り出してくるような場合はなおさらです。よほど強い愛情があり、説得力がない限り、その関係は終わってしまうでしょう。

そのため、なぜ関係を続けたいのかをもう一度考え、その理由をはっきりさせてから、自白したり、何があったのかを説明するようにしましょう。

どこまでも本心に従うべきで、表面的に取り繕うのは愚策です。

浮気相手との関係を絶つ

謝罪に入る前に、浮気相手とこれ以上連絡を取らないことを100%確認する必要があります。

浮気相手はあなたの人生から完全に、そして取り消し不能な形で消える必要があります。

保存された番号も、スクリーンショットも、裏ルートも、メッセージを伝える共通の友人もない状態にしましょう。彼らはあなたの人生から出て行く必要がある。パートナーに謝ろうと考える前に、その浮気や関係から完全に距離を置く必要があります。

もしまだ連絡を取り合っているのであれば、このリストの他のすべての項目は基本的に無意味であり、やる価値はありません。

浮気から立ち直り、パートナーに謝ることを真剣に考えるということは、浮気相手との連絡を本当に絶ったということです。

まとめ:ウソをつくのは終わりにしよう

さて、浮気がばれてしまったときの対処について、7つの事柄をご紹介しました。

すべての項目に共通するのは、自分にウソをつかない、ということです。なぜ浮気をしてしまったのか、そして今後どうしていきたいのかを、パートナーと話し合う前にまずは自分で確認をするようにしましょう。

話し合うのは自分の気持ちが固まってからです。それはつらい決断を強いることになるかもしれませんが、結婚生活は長く続くものなので、いずれの方向に進むにせよ、決断は早いに越したことはないのです。

Menu