長く続いた友情が壊れかけている5つのサイン

なんか最近、友情の疑問を感じている。そんな人はいないでしょうか。

友情はけっして不変なものではなく、お互いの状況や成長するスピード、心境の変化などで絶えず変化をしていくもので、永遠に続くものではありません。

それを前提に、もし居心地の悪さを感じているのであれば、関係を見直す時期かもしれません。友情は強固で、そして、とても脆いです。

5つのサインをご紹介します。

Menu

一緒にいるとなんだか疲れる

言うまでもなく、友情は安心感の源であるべきです。

なにも心配せずに自分らしくいられる安全な場であるべきです。しかし、友情が有害なものに変わると、エネルギーを奪われるような感覚がして、以前よりも気分が悪くなることがあります。

想像してみてください。

友人と食事をした後、リフレッシュされて幸せな気持ちでいるはずが、重い心を抱え、疲れたり不安定になったりしている。これは、これからここに挙げていくことが原因かもしれません。

あなたの直感が何か変だな!と感じたら、それには従うべきです。直感は科学的根拠はありませんがしばしば最も良いガイドとなります。動物的なカンというやつです。

友達と過ごす時間が気分を沈めるなら、それはその友情が終わりに近づいているサイン。別れは心が痛みもの。しかし、離れることは、自分を守ることにつながります。

競争心をむき出しにする

あなたと競争しようとする友人、いませんか?

日常のちょっとした競争は楽しいものです。私たちが成長しお互いに向上する手助けとなります。しかし、それが絶え間なく激しいものになると、楽しいはずの友情がすぐに有害なものに変わるのです。

かつて私には、すべてにおいて私を上回ろうとする友達がいました。私が新しい仕事に就いたら、彼女は必ず自分の仕事のほうが面白く待遇が良いと言ってきました。新しい服を買ったら、彼女はより高価なものを買ってきました。なんでそんなことをするのか、ただただ疲れ果てるばかりでした。

このしつこい競争心はただあなたを疲れさせるだけではなく、自尊心にも悪影響を与えます。友情は互いをサポートし社会で協力して生き抜いていくためのものであって、比較や競争の対象ではありません。

もしもそのような友情に身を置いているなら、これがあなたの人生に必要なものかどうかもう一度考える時かもしれません。

信頼できないと感じる

信頼は良い友情の基礎となるものです。

それは私たち一人ひとりが弱い存在で、お互いに秘密を共有し、心を開くことができる安全な場所であるべきです。しかし、その信頼が崩れた場合、どうなるでしょうか?

もし友達が絶えずあなたのことを言いふらし、あなたの秘密を暴露したり、あなたの信頼を裏切ったりするなら、それはすでに友情が壊れているサインと言えます。相手のこのような行動は多くの感情的な痛みを引き起こします。

信用に対する裏切りは軽く考えるべきではありません。これは友情の結びつきを深刻に損ない、時には修復不可能な状況にまで進んでしまい、最悪の場合は敵になり裁判沙汰になったりすることも。

もし自分がそのような状況にいるなら、静かにその人からはなれることだけを考えるようにしてください。

寄り添ってくれない

良い友達は頼りになる存在です。

必要なときにあなたのそばにいてくれる存在です。でも、なぜか肝心な時に限って味方になってくれないと感じていませんか?

私は困難な時期を経験していたときのことを覚えています。

仕事を失い、気分がかなり沈んでいました。話し相手を求めて当時仲良くしていた友達に連絡しました。しかし、彼の反応は私に寄り添ってくれるものではなく、私の苦しみを軽く扱い、ぜんぜん違う話題に変えたり、自分について話すことしか考えていないように、その時の私には感じたのです。

あぁ、これは友情とは言えないな、と私はその時に気がつきました。本当の友達は良い時だけでなく、辛い時にも寄り添ってくれるものだと信じていたから。

友達が、あなたが必要とするときに助けになってくれなかったり、無関心である場合、それは友情がなにか別のものに変化した証拠です。関係の解消を考えてもいい時期でしょう。

奪うことばかりを考える

バランスの取れた友情とは、いつも双方向です。

時間、努力、または感情の共有であれ、与えることと受け取ることの両方があってこそ成り立つもの。しかし、友達が常に受け取るだけで、めったにお返しをしない場合、その友情は壊れかけていると言えるでしょう。

もし友達がいつもあなたに頼っているばかりで、逆にあなたが必要なときには姿を消すのなら、それは明らかにバランスを欠いています。同様に、自分の話ばかりをして、あなたの話を聞く興味がほとんどないのなら、一緒にいる意義がすでに消失しています。

友情は一方通行の努力のようなものではありません。自然にお互いが歩み寄った先にあるものが友情です。バランスが悪くなっているのであれば、それは「友情」ではなく「知人」のレベルです。

まとめ:評価は必要

残酷なことですが、友情に再評価は必要だと思います。

ただ付き合いの期間が長いだけで、実はお互いのことを何も知らなかったり、年賀状だけのやり取りであったりする場合、それは終わらせても問題のない関係です。

古い友情は、あなたを昔の状態に縛り付ける可能性があります。確かに、青春時代を共にした仲間とのなつかしい話はいつまでも楽しめるものかもしれません。でも、今の自分と無調整でぴったり合う人、というのは付き合いの時間の長さとは全く関係なく存在しているもの。

もしそういう人に出会ったら、積極的に友情を育んでください。そして、関係が悪化した人たちとは距離を置くことをおすすめします。

Menu