あつかましくない自己主張の方法5選

自己主張が強めな人は、周囲から嫌われる傾向があります。

だから皆、自分の考えを押し殺して、違和感を感じつつも上司や周囲の人に意見を合わせて、たくさんのストレスを抱えています。それが現代社会とも言えます。

でも、そんな中でも、正しい自己主張をして、厳しい競争を勝ち抜いていく人も存在します。そんな彼らが実践している、「あつかましくない自己主張の方法」をここに5つご紹介します。

Menu

まず共感する

自分のニーズだけを主張するのではなく、共感を示すことはテクニックとして重要です。

効果的に自己主張するためには、はじめに共感を示し、相手の立場を理解することが結果として近道となります。これは、衝突の瞬間を和らげるだけでなく、チャンスが訪れたときに周囲からより大きな力を得るための方法でもあります。

なぜこの人はこんなことをするのか?彼らの動機は何か?相手の隠れた弱点や強みは何か?

こういったことを常に考えていると、おのずとウィンウィンの関係性を築くことができます。

問題を指摘せず、ただ解決策を示す

自己主張とは、自分の声を届けることだけではありません。

自分の意見や思いを大切にすること、と考えてみてください。

そしてアウトプットの際には、否定的な部分は出さずに、効果的で直接解決につながる部分だけに注目をしましょう。

あなたが問題ばかりに目を向けるのではなく、解決策を提示すればするほど、人々はあなたに注目し、あなたを信頼し、あなたの話に耳を傾けるようになります。肯定的な自己主張、というわけです。

自己主張とは、単に声が大きいとか、体が大きいとかいうことではないのです。そこを間違えてはいけません。実際に自分が話している内容を理解し、具体的な方法で解決策を探し示すことなのです。

丁寧かつハッキリと断る

私の知る限り、ノーと言えないために他人に踏みにじられ、利用される「いい人」があまりにも多い印象です。

ノーと言うことを学ぶことは、嫌われることを厭わないことと深く関係しています。

多くの人は、人を喜ばせることが染み付いて育っており、誰かを失望させたり、誰かの期待を裏切ったりすることを非常に嫌がる傾向があります。

しかし、好むと好まざるとにかかわらず、ノーと言い、誰かを失望させる可能性を学ぶことは、自己主張を強め、自分のために立ち上がるための決定的な前提条件となる。

ベストな答えはノーということもある。ただノーというだけで動き出すことも多いのです。

能動的傾聴

能動的傾聴とは、相手の口から出る言葉だけでなく、相手がなぜそれを言っているのか、何を望んでいるのかを聞き取ることを指します。

相手の話に積極的に耳を傾け、できるだけ直接的なコミュニケーションを図ることで、より明確に自分の意見を主張することができます。話がこじれるのは、相手の話をきちんと聞いていない証拠です。

相手の言っていること、そしてその理由を理解しようと最善を尽くすことで、あなたはどんなやりとりにおいても、より大きな影響力と力を持つことができるのです。たとえ対立することになったとしても、なぜ同意できないのか、その代わりに何を望んでいるのかを知ることができます。

だから、耳を傾けることに時間をかける価値は十分にあるのです。聞いてから話す、それが結果的に正しい自己主張につながる秘訣です。

自己主張の時と場所を選ぶ

行き当たりばったりではなく、自己主張をする際には時と場所を選ぶことがとても重要です。

例えば、職場で昇給を求めようとする場合、いきなり口に出してはいけません。上司の機嫌が良かったり、会社の業績が特に良かったりするタイミングで、戦略的にお願いしなければ成功は見えてきません。言われれば当たり前のこと。

皆が攻撃的になっている場所で、自分の信念を発言しても反発を招くだけなのはわかりますよね。皆が冷静に人の話を聞き、共感を示すことができるような雰囲気の中でこそ、自己主張をすべきなのです。

自己主張というと、いつでも変わらずに強い態度を想像しがちですが、うまく立ちまわって自分の意見を通している人は、この「時と場所を選ぶこと」に大変優れています。

まとめ:社会で生き抜くための自己主張

特に日本では、自己主張が強めの人は疎まれる傾向にあります。

そこで今回挙げた5つのことを実践してほしいのです。お気づきだと思いますが、自己主張という言葉のイメージと少し違う態度ですよね。

実はそうなんです。自分の意見を通したいときには、「正しい自己主張の戦略」を練るべきで、ただ声を大きくしたり論拠を揃えたりして「強さ」を示すことではないのです。

ソフトに、かつ力強く自己主張する術を学び、自分の理想とするポジションに近づけるように工夫を続けていきましょう。

Menu