30代のバリキャリ女性が時間を割かない5つのこと

できる女性たち、バリキャリ女性たちは限られた時間を必要なことに使います。

無駄なことは極力排除し、優先順位をつけて、淡々と仕事を片付けていきます。

そんな彼女たちがぜったいに時間を割かないことを知っていますか? 今回はその中から特に5つをピックアップしてご紹介していきます。

Menu

ネガティブな人間関係

付き合う人々は、あなたの考え方や行動に大きな影響を与えます。

もし噂話が好きな人に囲まれていると、他者を意地悪く見るようになるかもしれません。モチベーションの低い会社に在籍していると、自堕落な人生になってしまう。

デキる女性たちは、ネガティブな人間関係が成功と充実につながる道ではないことを知っています。

彼女の周りにネガティブな雰囲気の人がいると、彼女は遠ざかり、自分の価値観により合った人々を見つけようとします。

有害な人々から離れ、成功を目指し、正しいと信じることをサポートする人々を見つける方に動いていきます。

付き合う人は自然に決まるわけではありません。あなたが意識して選択することができるということを忘れないでください。

自分に疑問を抱くこと

もちろん、たまには自分を疑ってみることも大切です。

時には立ち止まって、反省と軌道修正をしていく必要があります。しかし、自分のスキルに対して疑念を抱き続けていると、それがキャリアの進捗に大きな障害となることもあるのです。

彼女たちもしばしば自己疑念に襲われますが、すぐに気持ちを切り替えることができます。

疑うことと行動を切り離すことに長けている、そういったほうが伝わるかもしれませんね。疑いや心配は、どこまで行っても評価であり、それが行動の指針とはならないのです。

他者からの承認を求めること

自信のある女性は、自分が作曲家だと認知されるのを期待しません。

もし作曲家になりたいなら、すぐに一曲作ってみるのです。彼女のスキルレベルや経験、他人の意見に関係なく、とにかく着手し、自分でその行動と進捗を喜びます。

成功か失敗か、優れているか劣っているか、そういう判断を他者に委ねることは決してしないのです。

収入が多いか、少ないか、そして社会にどれだけ影響を与えるかどうかにかかわらず、自信のある女性は成功を自分の条件で定義します。

これにより、多くの人が陥りがちな商人欲求の無限ループに陥ることを避けることができます。

環境のせいにする

人間だれしも、自分が生まれる場所を選ぶことはできません。

「親ガチャ」という言葉も流行っていますよね。

ある人は自分の状況、家族の裕福さや住んでいる場所の質などを他者と比較し、なぜ成功していないか、その原因をそれらに求めるかもしれません。

確かにそういった要因は成功に一定の役割を果たす傾向はあります。だからと言って、それがすべてを決めるわけでもないし、行動を拒否する理由にはなりません。

デキる女性たちは、自分の置かれた状況を受け入れるだけでなく、変えたいと思う部分に変化をもたらすために必要な行動を起こしていくのです。

過去を悔やむこと

誰もが黒歴史を持っています。あなたも私も持っています。

時にはそれが頭の中で何度もリプレイされ眠れなくなったり叫びたくなることもあるでしょう。

しかし、そういった後悔は破滅的なものになり得ます。デキる女性たちはこのことを理解しています。

原理はいたってシンプルで「過去は絶対に変えられない」からです。

それでも、どうしても過去のことを考えてしまうという人は、それがクセなんだと認識してください。クセを治すには、新たなクセをつけるのが手っ取り早い。

日頃から、自分が今もっているモノゴト、明るい未来に目を向けるようにしてください。気がつくとそれがクセになっていて、思考が前向きに変わっている自分に気がつくでしょう。

まとめ:自分で決めて自分で動く

物事はそのままにしておくと、そのまま何も変わりません。

できる女性たちは、少しづつ日頃から物事に微調整を加えることを怠りません。何かに違和感を感じたら、少しだけ方向を変えます。

劇的な、大きな変化を起こそうと躍起になるようなことはしません。毎日の小さなことを、少しずつ良いほうに向けることで、結果として大きな成功を手に入れています。

そのために、じぶんで判断し、自分で動く習慣をつけてください。どんな小さなことでも構いません。成功への一歩を歩み始めましょう。

Menu