できる女性管理職が月曜の朝に絶対やらない5つのこと

あなたの会社にも女性管理職がいると思います。

バリバリ働くだけではなくて、女性ならではしなやかさと回復力、明るさで周囲に良い影響を与え続ける、憧れてしまう存在。見ているだけでこちらも元気になれます。

さて、そんな有能な女性管理職の皆さんが月曜の朝に絶対にしないこと、想像できますでしょうか。今回はそれを5つここにご紹介していきます。あなたはやってしまっていないだろうか。じっくり読んでみてください!

Menu

メンタルヘルスを無視しない

月曜日の朝は、先週のすべての重圧がのしかかってきます。

彼らは自分の精神的な健康が身体の健康と同じくらい重要であることを理解しており、積極的なケアをするよう心がけています。

将来の不安、個人的な問題からのストレス、または単なる月曜日の憂鬱感によって、すべてがメンタルヘルスに影響を与えることがあります。成功している女性たちはこれらの感情にフタをせずにちゃんと向き合います。

向き合う方法として、瞑想したり、思考を記録したり、信頼できる友人や家族と話したり、必要ならプロの助けを求めたりします。彼らは自分のメンタルヘルスのケアが、集中力を保ち、最高のパフォーマンスを発揮するために極めて重要であることを知っています。

月曜日の朝だからこそ、自身の精神の健康状態を無視してはいけないのです。

過去のことで悩まない

有能な女性管理職は月曜日の朝、過去をおもいだして凹んだりはしません。むしろ一番やってはいけないことだと理解しています。彼女たちは、過去にこだわることが現在の生産性と将来の成功に大きな障害になり得ると信じているから。

その代わりに、過去の苦い経験と誤りを学びの機会だった見なし、それを人生の汚点としてとらえません。月曜の朝の大切な時間、彼女たちは目の前の課題、今週の目標、長期的なビジョンに焦点を当てます。

過去は学ぶためにあるべきで、あなたを落ち込ませたり縛り付けたりするものではないのです。

ですので、月曜日の朝を始める際には、先週の過ちを過去に置いておくことを覚えておいてください。彼女たちのように、ここと今に焦点を当て、目標を見据えて進んでください。

情熱を失わない

月曜の朝の忙しい中でも、彼女たちはキャリアにおける情熱を思い返します。

自分の心を躍らせるもの、本当に興奮するものに時間を割いて、エネルギーとモチベーションのレベルに大きな違いをもたらすのです。

私はかつて、仕事漬けの生活をしていた時期がありました。ただ物事を片付けることに夢中になりすぎて、執筆への情熱を完全に無視していました。なので、そんな私の月曜日の朝は平凡で、モチベーションも低下していました。

ある日、そんな現状を変えようと決意しました。月曜日の朝に少なくとも15分でも執筆のために時間を確保し始めました。

それは新鮮な空気のようで、週を始めるための大きなエネルギーの注入でした。執筆への情熱が再燃し、全体の生産性と満足度に良い影響を与えました。

ということで、彼女たちは月曜の朝という週の始まりに、情熱を思い出させるような行動をして、自分を再点火させているのです。

メールチェックをしない

これは意外に思うかもしれませんね。

仕事ができる女性管理職は、月曜日の朝いちばんでメールチェックをしません。

それはなぜか。一度受信フォルダを開けると、その並び順に従わざるを得ないからです。。

私も以前、メールを順番にすべて読んでいました。目を覚ますと同時に、ベッドから出る前にすぐにスマートフォンを手に取り、メールをスクロールし始めていました。

こうやって数をこなすことが生産的だと思っていました。出社前に一歩先を行くことだと。しかし実際には、出勤前にすでに膨大なタスクに圧倒され、不安になっていました。

そしてある日、私は違う方法を試すことにしました。朝のルーティンを終え、一日を計画するまでメールをチェックしないことにしました。その結果は驚くべきものでした。自分の一日をよりコントロールでき、ストレスが大幅に減りました。

考えなしにメールチェックを始めると、仕事の軸がぶれてしまいますよ。

運動をおろそかにしない

有能な女性管理職は朝の運動の力を認識しています。

それは代謝を一日中活性化させるだけでなく、気分を高め、集中力を向上させ、ストレスレベルを低減させます。ある研究によれば、朝の中程度の有酸素運動は、一日の残りの時間に良い意思決定と関連する認知機能を向上させます。

言い換えれば、朝に運動する人は、それによって一日のエネルギーを得ているのです。

長距離を走ったり、数時間ジムに行ったりする必要はありません。周辺を元気に歩くだけでも、簡単なヨガのポーズでも、家での簡単なストレッチでも効果的です。

こういった数分の意識的な行動の積み重ねが、彼女たちを成功に導いているのです。

まとめ:月曜の朝をもっと大事に

ということで、女性管理職が月曜の朝にけっしてしないことを5つご紹介しました。いかがでしたか?

一週間の始まりという大切な時間帯に、意識して避けていることがあるのです。それは、周囲に流されず自分自身を取り戻し、厳しい一週間を乗り切るために使われるべきなのです。

特に、彼女たちはメンタルヘルスに高い関心を寄せているみたいで、そういう記事やブログのポストも多く見かけますね。

もしこれを読んでいるあなたが男性であっても、そのまま参考になる内容だと思います。ぜひ取り入れて、目標達成のために前進を続けてください!

Menu