もう関係を切ったほうがいい「毒友」がしがちな5つのこと

あなたのまわりに、なんかちょっと友達とは言い難いな、という状態になってしまっている人はいませんか?

あなたも相手も複雑な人間という生き物で、いつまでもよい関係を続けることには努力が必要です。その努力をもってしても、関係を修復できないばかりか、さらに悪化させるようなことを相手がしてくるのであれば、その友人はもはやあなたにとって他人と言えるでしょう。

ということで今回は、毒友の特徴を5つここに挙げてみます。いずれも私の経験に基づいているものです。辛かったですね…

Menu

仲間外れにする

みんなで計画を立てているのに、あなただけ誘われない。

SNS上には、あなたが招待されなかったイベントのグループ写真がある...

もちろん、すべての誘いを受ける権利を持っているわけではありません。みんな異なる友達のグループを持っているのは当然で、それはむしろ素晴らしいことです。

しかし、飲み会や旅行、イベント等について事後になって知ることが続くと、それは仲間外れにされていると考えて差し支えないでしょうね。残念ですが。

本当の友達はあなたに声をかけてくれます。彼らはあなたと経験を共有したいのです。あなたを放っておくことはまずしないでしょう。もし、なんだか最近仲間内のイベントや飲み会に誘われない、もしくは、あなたが誘っても言い逃れをして参加しない、ということが続いているのであれば、それはもはや友達とは言えないでしょう。

関係を見直す時かもしれません。

凹んでるときに限って隣にいる

ふと思い返してみると、悪い時に限っていつもそばにいる友人、いませんか?

あなたは思うかもしれません。友達って良い時でも悪い時でもそばにいるべきではないのかと。本来そうあるべきなんですが、あなたが困難な状況にいるときだけ一緒にいて、良い時にはなぜか姿を消すのであれば、それはちょっとおかしいですよね。

一見あなたを助けようとしているように見えますが、実は彼らは「助けてやっている」という優越した立場が欲しいだけかもしれません。最悪の場合、あなたの失敗を喜んでいることも。

より分かりやすいのは、あなたが何かを成し遂げたときの反応です。学校に合格したり、就職が決まったり、そんなとき本当の友達はあなた以上に喜び、ずっとそばにいてニコニコしているはず。そう、家族に近い反応なんです。

都合よく招集される

何か必要な時だけ電話してくる友人はいませんか?

頼み事がある時だけあなたの存在を思い出しているような、そんな違和感を感じたことはないでしょうか。食事の誘いや何気ない日常会話はまったくないのに、何かを貸してほしいとか、仕事やテストの手伝いをしてほしいとか、そういう時だけ連絡をしてくる人たち。

それはまるで、「使える奴リスト」に載ってしまっているようなもの。

彼らの側が良好な状態の時、彼らは行方不明になります。しかし、何かが必要になると、あなたの電話番号を心得ています。

本当の友達はあなたを彼らの小屋の中の道具のように扱いません。何かを修理する必要がある時だけ引っ張り出すのではなく、本当にあなたの仲間を楽しんでいるから一緒にいるのです。あなたがいつも24時間365日のヘルプラインのように感じて、逆に助けられることはない場合、その友情を再考する時かもしれません。

ドタキャンが多い

ドタキャン、要するに直前になってやっぱりいけないと連絡がくる、あれです。

ほとんどの人が経験していると思います。一緒に遊ぶ計画があって、映画を見るか、食事に行くか、とワクワクしています。でも、当日になって平気でキャンセルしたりするのです。

突然都合が悪くなることも十分ありうるので、1度や2度じゃこちらも気にしませんし怒ったりもしないもの。でも、これがパターンになっているのであれば、友情を再考する時かもしれません。

真の友達はあなたの時間を尊重し、あなたをがっかりさせたり困らせたりすることは極力避けるもの。彼らはあなたに会うことを楽しみにしていて、逃げる理由を探しているのではありません。そして、本当にやむを得ない事情でいけない場合は、早い段階で埋め合わせをするもの。

なので、ドタキャンが続くようであれば、信頼できる友人とはもはや言えないでしょう。

なんでも肯定する

肯定的にものごと見てくれる、それは素晴らしいことです。

でも何から何まで、無条件に肯定するとなると、ちょっと事情は違ってきますね。

もしあなたの友達が、あなたの意見や決定にまったく異議を唱えないなら、注意が必要かもしれません。真の友情とはただ「いいんじゃない」と言うことではないのです。心配をしあなたのことを本気で考えている人は、注意深くあなたの話を聞いて、危ういところがあればそれを指摘してきます。

それは、意地悪な心からではなく、純粋な思いやりからくる否定的な意見です。

もしあなたの友人がイエスマンになっているのであれば、彼らはあなたに無関心で本気ではありません。極論すれば「どうでもいい」と思っています。そういう人を信頼して大事な話をしたり、意見を求めたりしてはいけませんよ。

まとめ:常に変化する人間関係

頻繁に勘違いされる常識があります。それは友情は不変であるべき、というもの。

人は変化を続けます。それはあなただけではなく、相手も同様、常に変化を続け前進をしていきます。

その現在の二人がちょうど呼吸が合い、多くのものを共有したい、一緒に時間を使いたい思うのが友情というものです。ただ学生時代からの知り合いだとか、前の会社で一緒だったとか、それと友情は本来無関係なのです。

ざんこくな事実として、友情は確実に終わるときが来ます。もしこれらの兆候が相手に見え隠れするのであれば、思い切って距離を置きましょう。数年後、またベクトルが同じ方向を向いていたら、その友情は復活するかもしれません。

悪化させないこと、ソフトランディングさせることも大切なのです。

Menu