人生うまくいく人が毎朝7時前にしていること5つ

仕事もプライベートも順調に見える人、彼らは朝の時間に何をしているのか。気になりますよね。

よく言われることですが、朝は脳がまだ疲れていないので、実は最も効率よく物事を整理したり決定したりできる貴重な時間帯なのです。

そんな貴重な時間帯に有意義な活動ができると、長期的に見て人生全体をよい方向に向かわせることができるのです。今回はそんな、ぜひ取り入れたい朝の習慣5つをご紹介していきます。

Menu

愛する人と過ごす

成功者たちは愛する人たちとの繋がりを大切にしています。

仕事で高い成果を上げる人々は、プライベートを犠牲にしている、というのは誤解です。実際には、彼らはプライベートの関係を重要視し、むしろ最優先事項としています。

日々の喧騒が始まる前に、彼らは愛する人たちとのつながりに時間を割きます。家族との朝食の時間、親しい友達へのメール、または愛犬との朝の散歩などがそれにあたります。

プライベートの繋がりは彼らを現実に引き戻し、人生で本当に重要なことを思い出させてくれます。家族友人からのサポートと愛は、その日の挑戦に立ち向かう力を与えてくれるのです。

成功は単なる職業上の達成だけでなく、個人的な関係を育むことも含まれます。朝のルーティンに、あなたにとって最も重要な人たちと繋がる時間を作りましょう。

自己反省の時間を作る

数年前、私は難しい仕事に直面し、疲れ切っていました。

そこで毎朝、自分をかえりみる習慣というものを取り入れることにしました。毎朝数分間を静かに過ごし、自分の思考に耳を傾け、自分の行動を振り返り、目標や価値観と現状とを調和させる時間を設けたのです。

この小さな習慣は大きな変化をもたらしました。

私は自分の人生を取り戻し、目的を再び感じるようになりました。外部の騒音や要求から離れて自分自身と繋がるかけがえのない時間となりました。

多くの成功者たちも、朝のルーティンの一環として自己反省を行うことがよくあるみたいです。これは彼らが目標に集中し、過ちから学び、個人的・職業的に絶え間なく成長するのに役立っています。

朝の時間を自己反省に割くことを考えてみてください。それがあなた自身の人生でクラリティと目的を見つける鍵かもしれません。

勉強をする

成功者たちは生涯学習者と言われます。

彼らは、先を見越すためには知識とスキルを絶えず拡充する必要があることを理解しているからです。

そして、これを行うのに最適な時間は、朝のまだ脳が疲れていないときです。

彼らは本の一章を読んだり、ポッドキャストを聴いたり、教育的な動画を視聴したりします。これらは、私たちが最初のコーヒーを飲む前に済ませてしまう早朝の習慣です。

彼らはこの時間を、専門分野だけでなく、自分の興味を引く他の分野にも学びの対象として使います。この多岐にわたるアプローチは、彼らが発想を広げ、革新的な解決策を考え出すのに役立っています。

もしもあなたも成功者のように一日を始めたいと思うなら、朝のルーティンに何らかの学びを取り入れてみてください。これは、長期的に見てハイリターンな投資となるでしょう。

マインドフルネスを実践する

忙しい現代では忙しさに巻き込まれ、今を生きることを忘れがち。

成功者たちは、真の成功は単に物事を片付けることだけでなく、今に意識を向けることであると理解しています。

そのため、彼らの多くはマインドフルネスを実践しているようです。これは瞑想、深呼吸のエクササイズ、またはただお茶を飲みながら静かに座っていることなどが該当します。

この実践は、彼らが集中し、穏やかで、現在の瞬間に意識を向けることに役立ちます。

マインドフルネスは、アイデアの捻出、ストレスや不安の減少まで、さまざまな利点をもたらしてくれます。これは単なる一時的な流行ではなく、成功のための強力なツールです。

成功者たちが行うように、マインドフルネスを朝のルーティンに取り入れてみると、そのすばらしさを実感できるでしょう。

一日を計画する

成功者たちは計画と実行を大切にしています。

毎朝、彼らは一日の予定を立てる時間を取ります。

なるべく明確な目標を設定し、タスクを優先順にならべ、構造化された時間割を作成します。これは単なるtodoリストの作成ではなく、戦略的に時間を計画し、生産性を最大化することを意味しています。

時間は再生不可能なリソースであり、それを尊重することが目標達成の鍵であることを彼らは理解しています。

明確な計画を持つことで、彼らは日中に迷ったり圧倒されたりするリスクを最小限に抑えます。毎朝、戦略的な計画に数分かけることは、その日一日を効率的に過ごすことを約束してくれます。

まとめ:朝が勝負を分けている

今回は、成功者たちが行っているあさのルーティン5つをご紹介しました。いかがでしたか?

朝はギリギリまで寝ていたい、ほとんどの人がそう思うし、実際私も朝が苦手なんです。そんな人におすすめなのは、いつもより10分だけ早く支度を終えて、何もしない時間を作ってみることです。

テレビもスマホも観ずに、静かな部屋で出勤前のひと時を過ごす、これは本当に心がすっきりし落ち着きを取り戻すために有効な時間となってくれるでしょう。一種のマインドフルネスですね。

Menu