自分でも持て余す複雑な感情と思考を有している人の特徴5つ

あなたはよく人から複雑でつかみどころがないと言われますか?

私は人生において、この言葉をよく言われてきました。私は、自分以外の人間にはなれないので、人間とはみんな自分と同じ思考体系なんだと、若い時は思っていましたが、どうやら違うと最近気がつきました。

今回は、そんな複雑でちょっと変わった考えかたをする人たちの特徴を5つ挙げていきます。あなた自身、もしくはあなたの大切な人が当てはまっていないか、確認をしてみるとよいでしょう。

Menu

曖昧でも平気

ふつうの人は生活において確実性とたしかさを求めます。

可能な限りはっきりとした答えを望み、灰色の状態や解決を避けます。しかし、複雑な思考をする人たちは必ずしもそうではありません。

人生は常に明確な答えだけではなく、進歩を促進するのはあいまいで謎が多いことだと理解しているのです。

すべてを知らなくても構わないのです。曖昧さに不安に感じる代わりに、それを学び成長の機会と捉えています。この不確実性を受け入れる能力により、新しい経験やアイデアに開かれた態度を保つことができます。

未知の領域を進んでいく能力があなたを特別な存在にし、あなたの考えを異なる波長で動かすことができるのです。

スケールが大きい

複雑で機知に富んだ人たちは生命の大きな問いに引き寄せられます。

明確な答えを必ずしも持たないが、思考と内省を促すような、哲学的な問いです。

なぜ私たちはここにいるのか。私たちの目的は何なのか。真の幸福とは何を意味するのか。そういったことに常にとらわれて時に眠れなくなるようなこともあります。

この特性は時々彼らを孤立させます。なぜなら、普通に日々を送る人たちにとっては、それらは無駄に思えるからです。でもわかってほしいのは、その特性を持っていることは素晴らしいことで、より深く生きるヒントを彼らに与えてくれるのです。

量より質をとる

複雑な考えを持つ人々は、人間関係、経験、所有物のすべての側面で、量よりも質を重視する傾向があるみたいです。

表面的な交流や、その場しのぎの浅い経験には興味がありません。

そのかわりに、より深くものごとを掘り下げ、意味のあるつながりと深遠な経験を求めます。

この嗜好はあなたの思考プロセスにも影響を与えます。単に情報を収集するだけでなく、それを分析し、解剖し、基本的なパターンやつながりを探求します。

もしあなたが、質を量よりも重視する傾向があるなら、それは複雑な考えを持つ人であるという一つの兆候です。広がりよりも深さを好むこの嗜好は、あなた独特の感性を象徴しています。

変化し続ける

複雑な考えを持つ人たちは、1年前、1ヶ月前、さらには1週間前と同じ人ではありません。

この絶え間ない変化は、飽くなき好奇心と成長への渇望によって駆り立てられています。常に新しい経験を求め、新しい知識を得て、自分の視点を広げ磨いていきます。

彼らは変化を恐れません。それを人生の一部として受け入れます。成長には変化がぜったいに必要であり、停滞すれば成長が止まることを理解しています。

この絶え間ない進化と変化は、おそらく複雑な考えを持つ人たちの最も顕著な兆候です。それは適応力、変化への意欲、そして個人的な成長へのコミットメントを浮き彫りにします。

疑ってかかる

複雑な思考をするひとたちは物事を表面的に受け入れません。

もし「一般的」とか「当たり前」な意見や合意があれば、それに疑問を投げかけるのを当然だと感じています。

すべてに対する疑問は彼らが気難しい人間だったり反抗的だったりするわけではなく、むしろ異なる考えを持っていることを示しています。

彼らは最適化の方法を探し、ただ盲目的に従うのではなく、問題の本質と解決策を探し出すクセのようなものを持っています。

もしもあなたが常に慣習を疑問に思い、違う答えを求めているなら、あなたも複雑な考えを持つ人かもしれません。これは反対をすることではなく、むしろ物事をそのまま受け入れずにあなたなりの世界を理解したいということです。

まとめ:複雑にとらえるのは才能

物事を表面的にではなく、深く複雑にとらえることは、かけがえのない能力と言えます。

それと同時に、彼らに生きづらさを感じさせる要因ともなっています。私自身、この傾向があるのでよく理解できるのです。

生き抜くためには、特質に合致する仕事を見つけることがカギとなります。なので、まずは自分がどういう人間なのか、ほかの人とどう違っているのかを認識することが肝要です。

学生時代という時間はそのためにあるのかもしれませんね。

Menu