自然と人が集まる5つのカリスマの条件

「カリスマ」という言葉には憧れますよね。

自分がなりたいと思う人もいるでしょうし、そういう人のそばにいて自分を高めたいと考える人もいるでしょう。

でも実際のところ、彼らは何がすごいのでしょうか。どういう能力や資質を持っているから「カリスマ」と呼ばれのでしょうか。

この記事では自然と人が集まってくる「カリスマ」の条件を5つご紹介していきたいと思います。これを読めばあなたもカリスマになれる?かもです。

Menu

柔軟な適応性

いわゆるカリスマ的な人は異なる状況や人々に適応する、ずば抜けた能力を持っています。

彼らは、公式の場でもリラックスした食事会でも、いつも自然になじむことができます。

この適応力はどこから生まれているのか。もちろん経験が豊富ということもありますが、もっとも大きな要因は、ちょっとした勇気なのです。

そういう勇気は誰にでも持てるものです。要するに積極性、他者とかかわろう、この場を楽しく過ごそう、そういう思いが根底にあります。

それは努力ではなく、心からそう思っていないとできないことです。適応力は高いホスピタリティの表れと受け取ってもよいでしょう。

カリスマ達は実は気遣いの人なのです。

人をやる気にさせる

カリスマ的な人の顕著な特徴、それは他の人を感動させる能力です。

不思議なもので、彼らが部屋に入ると空気がガラッと明るくなります。悪い雰囲気ももちろん伝染しますが、良いオーラも簡単に私たちの間に伝わっていくもの。

著名な心理学者であり日本でも知名度が高いマズローはこんなことを言いました。

「人類の歴史は、男性と女性が自分を過小評価していく物語である。」と。

ちょっと何を言っているのかわからないと思いますが、要するに社会に出ると抑圧されがちということ。そんな中でもカリスマ的な人々はあなたを暗い雰囲気から誘い出し、前向きな気持ちにしてくれます。

これも自然に出てくるオーラのように思われますが、実は彼らの内なる情熱があふれ出た実態のあるものなのです。

カリスマ=情熱とも言えますね。それは簡単に人を巻き込んでいきます。

近づきやすい

世の中には近づきにくい人と近づきやすい人が存在します。

本物のカリスマと言われる人たちは、確かに凡人とは違うものを持っているのですが、決して近づきがたい存在ではありません。人を引き付けるのはなぜなのか。それは受け入れてもらえるという安心感から生まれています。

とある研究によると、この近づきやすさはリーダーたちに求められる重要な資質の一つと言われています。自分の意見を聞いてくれそう、理解してくそう、そういう人と一緒に居たいですよね。

私たちはカリスマと言われる人たちには何か近づきがたい印象を持ちがちですが、思い切って話しかけてみたら意外と気さくで楽しい人だった、なんてエピソードもたくさんあります。

聞き上手である

カリスマと呼ばれる人たちは、みんながみんなTEDで流暢にプレゼンするわけではありません。

確かに彼らはしゃべりもうまいのですが、それにもまして聞き上手でもあります。

良き聞き手であることは、他者と深いレベルで関わることができることを意味します。彼らはただ自分が話す順番を待っているだけではありません。相手の言っていることを吸収し、思慮深く応えようとしています。

この性質は話し手に価値を感じさせ、つながりや影響力を広げていく強力な手法です。

なので、人々がアドバイスを求めたり、打ち明け話をするのであれば、彼らはカリスマ性がある人と言えるでしょう。

自信がある

カリスマとは自分自身を偽ることではありません。服装や髪形、話し方をそれっぽく整えることではないのです。

まったくその逆で、等身大の自分自身でいつもいることを意味します。

声が大きく意見が強いとか、なんでも知っていなければいけないということではないのです。代わりに、強い自己意識を持ち、自分の価値観を貫き、自分の思考や感情を表現することを恐れないことを指します。

ものごと成功させるには、自分自身を信じる心が大切です。それは他者と比較できるものではありません。まさに、自分を信じているか、いつも自分のベストを尽くせているか、そいう問題です。

もし自分の意見を断固として主張でき、他者からのプレッシャーに屈せず、雰囲気に流されないのであれば、それこそが本物のカリスマ性と捉えてよいでしょう。

もちろん、上記で述べたように、柔軟さや人の意見を聞くことにも長けていなければいけません。

まとめ:なりたくてなれるものではない

ということで、カリスマ性とはなんなのかについてお話をしてみました。

読んでいてお気づきになられたかもしれませんが、彼らは実はあまり他者を意識していません。要するに、好かれようと頑張ることはありません。

そのエネルギーを自分に向けています。自己研鑽に注力し、毎日目標に向かって無我夢中で生きていると、自然に他者を引き付ける引力を発生するようになるのです。

だから、あなたもカリスマになることができます。好きなことを見つけて、それに全身全霊で打ち込んでみてください。ふと周囲を見渡すと、その界隈では有名なちょっとしたカリスマになっていることでしょう。

Menu