5つの気にしない技術を習得して楽に生きよう

気にしない、ちょっとやそっとじゃ凹まない。そんなメンタルが欲しいですよね。

そのためにはどういう資質を持っていればいいのか、ただ気にしなければいいという単純な話ではなく、これは自己の確立や自尊心ともかかわりのあることです。

今回は5つのコツをご紹介していきます。すぐに取り入れることができることばかりなので、ぜひ参考にしていただき自分を解放していきましょう。

Menu

許し、手放す

何かに憎しみや恨みを抱えて生きることは、重い負担となります。

それはまるで、どこへ行くにも石でいっぱいのリュックサックを背負っているようなものです。それがあなたを重くし、歩む一歩一歩を遅くし、前進を妨げます。

この重みを手放すためには、許しを実践することが大切です。誰かを許すことは、彼らがしたことを忘れたり、彼らと和解したりすることを意味するわけではありません。それはあなた自身の心の平和のために、怒りや恨みを手放すことです。あくまでもあなたのため。

許すことはけっして簡単なことではありません。特にいじめなどで受けた深いキズの場合は。しかし、その重荷を抱えているべきなのは、あなたではなく、あなたに対して間違いを犯した人です。

許すことを選ぶことは、この重荷を手放し、苦しみの鎖から自由になることを選ぶことです。

他人の意見や社会の期待を手放すことだけでなく、「気にしない技術」は過去の傷を手放し、軽い心で前に進むことを意味します。

変化を受け入れる

わたしは以前、変化を極端に恐れていました。

自分の快適な空間を離れること、日々の安全なルーティンが乱れることの思いは、不安と落ち着きのなさをもたらしていました。しかし、時間の経過とともに、変化への恐れが私の成長を妨げていることを知りました。それはリスクをとること、新しい経験をすること、そして個人として成長することを妨げていたのです。

変化は人生の一部です。これは誰にでも、どこにいても起こる真理と言えます。

季節が変わり、人が変わり、状況が変わります。変化に抵抗するのではなく、変化を受け入れることで新しい機会と経験への扉が開かれます。

怖いし不安を感じるのは構いません。しかし、忘れないでほしいのは、快適な場所を出ることで得られることのほうが多いということ。

変化を恐れるのではなく受け入れることで、適応し成長することができます。過度のコントロールを手放し、人生がもたらす不確実性を受け入れることを学んでください。

自分を信じる

「気にしない技術」を身に着ける核心は、自分を信じることです。

自分の直感を信じ、自分の能力を尊重し、自分の価値を知ることです。

自分を信じると、他者の意見や評価に左右されません。他人が期待することではなく、自分にとって最善の選択をするようになるでしょう。

自分を信じることは、傲慢になることや他者のフィードバックを無視することではありません。それは自分の能力に自信を持ち、自分自身に満足していることです。

最終的に、あなたの選択を承認する必要があるのはあなただけです。この事実を忘れている人が意外に多い。自分を信じ、自分の能力を信じ、自分の価値観や信念に合った人生を生きてください。

承認欲求を手放す

私たちは、誰からも好かれ認められたい!という飽くなき欲求を持っています。

これは私たちにとって非常に重い負担となります。単純な仕事さえ大変なように感じさせることがあります。

ここで知るべきなのは、すべての人を満足させることは不可能である、ということです。何をするにしても、必ずあなたを嫌う人がいます。そしてそれはどうしようもないこと。

「気にしない技術」を極める鍵は、この絶え間ない承認欲求を手放すことです。他者があなたに対してどう思うかに、あなたの価値は縛られていないことを理解してください。

他者の意見を気にしなくなると、期待を満たそうとする中で生じるストレスや不安から解放されます。これは無関心や無礼になることを意味するのではありません。むしろ自分の幸福に焦点を当てることで自分が見たされ、それが周囲にも良い影響を与えていくのです。

忘れないでほしいのは、これは長いプロセスを伴います。時間をかけて自分に対して辛抱強くいてあげましょう。

「いいえ」と言うことを学ぶ

私は以前、自分よりも他人の人生を優先させていました。

長らく、「いいえ」と言うことが非常に難しいと感じていたのです。それが余分な仕事を引き受けたり、興味のない行事に同意したり、自分の時間やリソースを他の人に提供したりすることで、自分を疲弊させることがよくありました。

しかし、ある日、この絶え間ないサイクルが私をストレスと疲労でいっぱいにしていることに気づきました。それが私の健康と幸福に影響を与えていることを感じ、何かを変える必要があると思ったのです。

そこで、私はもっと頻繁に「いいえ」と言うことを決断しました。

最初は他の人をがっかりさせているような感じがして難しかったです。しかし、時間が経つにつれて、その利点に気づき始めました。自分のための時間ができ、ストレスのレベルが減少し、何よりも幸せを感じるようになりました。

「いいえ」と言うことは利己的であることではなく、境界を設定し、自分の時間とエネルギーを守ることでした。

大局的に見れば、この小さな言葉は私たちの健康に大きな力を持っています。そして、その使い方を極めることは余計なストレスを気にしない術の重要な部分です。いいえ!いいえ!ともっと言いましょう。

まとめ:自分を優先させよう

さて、5つの気にしない技術をご紹介しましたが、いかがでしたか?

気にしないこと、というのは、実はより自分に焦点を当てることを意味します。ここに他者は入ってきません。それを大前提としてまずは知っておく必要があります。

自己中心的になればいいのか、と思われるかもしれませんが、自己中というのは他者を利用することなので、実は全く違います。それぞれが自分の道を探求し、お互いに助け合うのが理想的な人間関係と言えるでしょう。

まずは、あなたはこの人生で何をしたいのか、そのために何をしなければいけないのか、それを確認してください。それができると、他者のそれも大切にできるようになるのです。

Menu