嫌いな人の視線が気になってしまうときにすべき5つのこと

嫌いな人の視線が気になっていませんか?

自分のことをどう思っているのだろう、何か批判されるのではないか、うわさ話をされているんじゃないかとビクビクしていませんか?

そんな状態だとメンタルが疲弊してしまい、毎日の仕事や学業に影響が出てしまいます。その対策についてあなたができることを5つご紹介していきます。

Menu

他人を受け入れる

他人が自分について何を思うかを気にするのは、批判的な意見をあなた自身も持っていることを意味している。

あなたも、誰かの欠点に皮肉なコメントを最初に投げかけるような人、またはその人についてのウワサを広めるような人です。

人が過度に気になる人は、人を過度に気にしています。

他人が自分について何を思うかを気にしなくなりたいのであれば、同じような態度をとるのをやめましょう。

他人をどのように扱うかは、他人があなたをどのように扱うかを反映しています。私たちはついつい周囲のあら捜しをしてしまう生き物です。でも頭に浮かんだときは口にしないのはもちろん、早く考え事態を追い出してしまいましょう。

他人に対し、無理に肯定的である必要もありません。ただそこに存在していて、それぞれが好きなようにふるまっている。ただそれだけのことです。あなたもそんな一人なんです。

付き合う人を選ぶ

正しい人達は、あなたに良い影響を与えます。

もしあなたが、他人についてあまりにも多くウワサ話をする人たちに囲まれている場合、あなたも彼らの否定的な考えを共有し、自然とそれに加わってしまうようになります。

しかし、みんなの進歩を願うような正しい人たちと一緒にいると、あなたの価値観もそれに従うはず。正しい人たちの関心事は他人のあら捜しではなく、自分自身の成長にあります。

自分自身の成長と、他人の言動とは全く関係がありません。理解できるはずです。

完璧さを手放す

社会は「正しい」行動の基準を設定しがちです。

そしてメディアはそれに見合う「完璧な像」を皆が描くように促します。

しかし、完璧な人なんて存在しないのです。それどころか、確実に存在するのは欠点のある人たちです。完璧さへの果てしない追求を放棄することで、他人が私たちについて抱いている否定的なコトにも目を向けなくて済みます。

完璧を目指して自分の欠点にこだわる代わりに、完璧さを手放し、自分の欠点と向き合うことを始めましょう。そして、良い面を意識してみるように心がけてください。

具体的な解決策なしに欠点についてあれこれ考え続けることは、人生においてもっとも無駄な時間だと思います。

人は間違いを犯すことがあります。でもそれが他人を傷つけるものでない限りは、完全に自分の処理の仕方の問題で、それはあなたにも、他人にも言えることなんです。

感情をコントロールする

人があなたをどう見ているかを完全にコントロールすることはできませんが、彼らの感じ方についてどう思うかは確実にコントロールできます。

過度に考えることを抑え、それをポジティブなものに変えるましょう。

何よりも、他人があなたについて言うことすべてを、直接的な攻撃として受け取るべきではありません。さらに悪いことに、自分のアイデンティティを他人の言葉と混同する人もいます。

どう感じるかをコントロールすることで、他人があなたについて言うことと、あなたが実際にどう思っているかについて、はっきりと一線を引くことができるようになります。

具体的な方法として、私は、簡単な瞑想や呼吸法を生活に取り入れて、感情をコントロールするようにしています。

他の人にとっては、ヨガが自分を取り戻すのに有効です。私は、リラックスすること以上に、正しい自己認識を持つことが、混乱した心を整理するのに役立つと思います。

自分の強みに焦点を合わせる

他人によって指摘された欠点、あるいは自分が目立つと考えている欠点に焦点を合わせる代わりに、自分自身をより深く知り、毎日最善を尽くす動機に焦点を当てる必要があります。

人々があなたの「本当の姿」を説明するとき、いつもあなたの欠点だけに言及するのが面白いです。それに対して、あなたの本当の姿はあなたの強みと能力であるべきです。

これらはあなたが自分自身であり、毎日無限の可能性を実現することを可能にするものです。

だから、何よりも、自分の強みに焦点を合わせるべきだと思います。 十分な時間とエネルギーを割いてそれを磨き、自己を築き上げることで、他人があなたについて言うことさえ最初からあなたに届かなくなります。

まとめ:問題は自分にあった

見てきて気がついたと思いますが、実は自分自身の問題。

人が自分をどう思っているかは、ほとんどの場合あなたの妄想です。実際にあなたに何かしらの問題があって、それを直接指摘されているのであれば、それは十分考慮に値することです。

でも、目つきやしぐさ、態度からあなたが受け取っていることは、あなたの「私のことが嫌いなはず」だという妄想です。

あなたがそもそも彼を嫌いだから、ということに原因があるのです。言っている意味は分かりますよね?

彼らを好きになる必要はありません。あまり存在を意識しないように、見ないようにするのも一手です。そのうち景色の一部になっていきます。

Menu