直観力に優れた人が持っている5つの特徴

何かを決断するときに、あなたが頼るものは何だろうか。

値段とか、可能性とか、そういう具体的な数字だろうか。もしくは周囲の意見を参考にしたりもするかもしれません。

ですが、世の中には少数ですが、自分の直感、もしくは心の声に従って行動する人のいます。そして彼らは、普通の人にはできない稀有な経験を積み重ねていくのです。

今回は、そんな「心で決める」人たちが持っている特質を5つここにご紹介していきます。

Menu

弱さを見せることに抵抗がない

頭ではなく心で決断する人々は、人に弱さを見せることを恐れません。感情を表現することが弱さではなく、むしろ真実と強さのサインであると理解しているからです。

彼らは、意思決定の場面でも感情や思いをダイレクトに表現します。彼らはいつも本心であり、自分自身に忠実であることを大切にしていて、それが自分の弱さを明らかにすることであっても構いません。

この脆弱性、弱さは、本当の自分にマッチした決断につながることがあります。これにより、他者とより深い結びつきを築き、自分に共鳴する決断を下すことができます。弱く脆い自分も、自分の一部であるから。

脆弱性を示すことは負けを意味しません。それは真の自分を見せ、心に合った選択をするために十分に勇敢であることです。

プロセスを大切にする

彼らは物事の結果だけでなく、過程も大切にします。

心に従って意思決定をする人たちは人生に対し独自の視点を持っています。彼らは人生を、単なる到達点や達成すべき目標の連続ではなく、過程の連続と見ています。

彼らは経験や感情、そして途中で得られる教訓を重要視しています。時折心の痛みや苦悶が伴っても、彼らはプロセスとそれがもたらす成長を大切にします。

彼らにとって、決断は単なる終着点に達するためのものではありません。途中で起こること、出会う人々、そして経験する個人的成長に関わるのが、心でする決断なんです。

彼らの、心に導かれた決定は、この信念を反映しています。彼らは少なくとも即時の成功につながらない道を選ぶかもしれません。

しかし、彼らは自分の心が独自の旅路に導いていて、豊かな経験と貴重な教訓に溢れたものになることを知っています。頭でする決断では得られないものです。

リスクを取れる

心に導かれた意思決定をするひとたちは、よくリスクテイカーと見られます。

彼らは自分の心の呼びかけに従って、結果が不確かであっても決断と実行を恐れません。

私が安定した仕事を辞めてフリーランスになることを決断したとき、確かにそれは、机上ではリスキーな選択と言えたでしょう。しかし、心が強くそちらに引かれていたので、それを無視することはできませんでした。

私は未知の世界に飛び込み、自分の心とその導きを信じてみることにしたのです。その過程は挑戦的で、喜びと苦労に満ちていました。しかし、本当にしたいコトをしている喜び、それが確実にありました。

リスクを冒す意欲、不確実性の中でも心に従い進む姿勢は、心で意思決定をする人の特徴的な特質です。

彼らは心の知恵を信じています。知恵は頭にだけ宿るものではないのです。

内なる声に耳を傾ける

心に導かれた意思決定をする人たちの最も顕著な特徴は、自分の内なる声に耳を傾ける能力です。

世界の騒がしさ、適当な意見、期待の中で、彼らは自分自身の心にアンテナを張るすべを習得しています。

彼らの決断はこの内なる対話、彼らを導く静かな「ささやき」から生じています。彼らはこの声を信じており、それが彼らの真の姿を反映していることを理解しています。

内なる自己との親密なつながりが、彼らが心に合った決断を下すことを可能にします。これにより、彼らは自分自身に忠実で真実な方法で人生を歩むことができます。

不確かさを受け入れる


事実やデータが意思決定を支配する世界で、心に導かれた決定をする人は際立った存在です。彼らは不確実性を受け入れ、全ての答えを持っていなくても決断できる能力を持っています。

実際、この特質は科学的にも裏付けられているみたいです。

直感を信じる人々は、そうでない人々よりも将来の出来事をより正確に予測する能力があります。

これは、私たちの感情が過去の経験の迅速で自動的なまとめ役として機能し、不確かな状況を乗り越えるのに役立つからです。

これをリスキーだったり衝動的だと見なす人もいますが、心で決定をする人達はそれを自分や自分の経験に対する信頼と見ています。

彼らは感情と本能に導かれて未知に進み、しばしば具体的な証拠やデータの不足から他の人が見落とすかもしれない場所で成功を収めることがあります。不思議な能力ですね。

まとめ:たまには頭から解放されよう

ということで、心の赴くままにものごとを決定できる人たちの特徴についてみてきました。

直観力は普段使っていないと、磨かれないものなので、いきなり明日から実践することはできません。練習として、小さな物事から始めて見ることをおすすめします。

電車に乗るのかバスに乗るのか、どちらのカフェでコーヒーを飲むのか、どちらのプランをプレゼンするか…そういう時、もし数字やデータで迷ったら、直感と兆候で決めるようにしてください。

心で下した決断は、あなたに驚くべき経験をさせてくれるはず。

Menu