こじれてしまった男女関係を修復するための5つのアプローチ

男女関係は適切なケア無しでは簡単にこじれます。

お互いに無理をせず自然にうまくいく関係だからこそカップルなのだ、そう勘違いしている人は意外と多いのです。

実は、うまくいっているカップルは、継続させるための適切な努力をしています。そのヒントをここで5つご紹介していきましょう。

参考にして、こじれた関係を改善させてください!

Menu

柔軟性

関係に柔軟性をもたらすこと。それは妥協の意志があることの現れです。

これはあなたが何かを諦めることや、自分を犠牲にすることを意味しません。むしろ、あなたのしたいコトとパートナーがしたいコトの間でバランスを見つけることです。

個人の柔軟性は非常に重要です。なぜなら、これによって生活や環境の変化に適応することができるからです。そして柔軟性はまた、関係に問題が生じた際にも役立ちます。

決して引かないで「私のやり方か、君のやり方か、そのどちらかだ!」という態度を取るパートナーを持つと非常に疲れます。

健全な関係の特徴の一つは、お互いが時には勝ち、時には負けることです。それにより、関係が完全に壊れることを防ぐのです。

誠実でいる

自分をごまかさず誠実でいましょう。

誠実さはあなた自身にとっても、長い時間を過ごすパートナーにとっても大切なことです。

約束を守り、正直であり、かつ自分の価値観を貫いてください。その場の雰囲気に流されず、誠実さに立ち返ってください。

誠実さに欠ける人はしばしば嘘をつき、他人をだまし、操作しようとします。その結果、彼らは周囲の人を絶えず傷つけ、自分自身をも傷つけているのです。

だからこそ、パートナーに求めるもっとも大切なものは、誠実さといえます。

もしあなたが自分を顧みて、自分自身とパートナーに対して不誠実だと自覚したら、そのことを正直に認めて話し合ってください。

一貫性をもつ

一貫性は仕事でもプライベートでも、大きな推進力を生みだします。

一貫性が与えてくれるものの際たるものは、継続的な努力です。

男女関係においても一貫性の大切さは例外ではありません。私たちはみんな、特に若い時には、毎日のように変化する異性に出会ったことがあるでしょう。そして若さゆえにそれが魅力的に映ったりもします。

その気まぐれな注意は私たちの目を引きますが、長期的な満足感を与えてくれません。彼らは強くて健康な関係を築くために必要な安定感をけっして提供してくれないのです。

もしブレそうな弱い自分に気がついてるのであれば、紙に書きだして毎日確認してみるとよいでしょう。あなたの目標はどこにあるののか、そのために今できることは何なのか、それを確認する時間を持ってください。

思いやり

思いやりという言葉は、通常は他の人を気遣うことを意味します。

しかし、思いやりは単に他人を助ける以上のものです。相手の目線でモノゴトを見ることも含みます。

だから、思いやりのある人は相手の視点から自分自身を見ることができます。相手と共感し、彼らの感情を理解することができます。

ですので「思いやり」とは他人を自分自身と重ね合わせることです。周りの人に共感することです。そして、思いやりを最も発揮すべき相手は、あなたのパートナーです。

思いやりのある人は、すべてがいつも晴れやかで幸せなわけではないことを理解しています。時には悪いことが起こることもあります。だからこそ彼らは他人の立場に立とうとします。相手の視点から物事を見ると、解決策が見えてくるのです。

尊重と尊敬

相手の人間性を尊重、尊敬することは、基本かつ最重要項目と言えます。

これに異論がある人はいないでしょう。

パートナーが笑わせてくれたり、甘やかしてくれたりするのは魅力的かもしれませんが、もっと大切なことは、相手に対するリスペクトです。

表面的な良いカップルを演じることではなくて、お互いの意見、思考、感情、アイデアを尊重することこそ、大切にすべきなのです。

お互いに自分の気持ちを正直に伝え、相手の問題に対して心配や思いやりを示すことも尊重の一環です。逆説的ですが、あなたがオープンでいればいるほど、相手が尊重してくれるんですね。

まとめ:完全に壊れる前に

ということで、こじれてしまった関係を修復するために確認してほしいことを5つ挙げてきました。いかがでしたか?

個人的な経験則からなのですが、この中でも最も大切なことは、自分に誠実であることだと思います。

そもそも、自分にウソをついている状態では、相手との関係もウソになってしまいます。あなたは本当は何をしたいのか、誰とどこでどういう関係を築きたいのか、それをもう一度確認してください。

確認した結果、関係が終わることもあると思いますが、それはあなたにとって非常に力強い一歩となってくれるでしょう。

Menu