どうしても相手が理解してくれないときの対処法5つ

人間関係や仕事において、感情豊かな議論やコミュニケーションは欠かせません。

しかし、感情が高ぶりやすい中で、冷静で理性的なコミュニケーションを構築することは容易ではありません。

この文章では、冷静なコミュニケーションの重要性、相互理解の意義など5つのヒントをご紹介していきます。

Menu

感情を言葉にのせない

もし私たち全員が感情を処理する方法を知っていれば、話はこじれません。

残念ながら、それは絶対にかなわない夢ですね。ほとんどの人は、感情と論理を切り離すのに苦労しています。結局のところ、私たちはただの気分屋な人間です。

議論が頭にきてイライラし始めたら、それは要注意のサインです。

この時点で、自覚があるかどうかは関係なく、あなたの議論と感情は深く結びついており、もはや合理的に自分の思考を説明することはできません。

コミュニケーションは、自分の行動をコントロールするだけにとどまらず、相手の感情にも配慮することが含まれます。

もし相手を侮辱したり、ののしったり、攻撃されたと感じさせるようなことを言ってしまうと、相手はあなたを理解しようとする立場から離れて、あなたに対抗して攻撃する段階に移行してしまいます。

感情を言葉に乗せているなと感じたら、一度休憩をはさんだりして頭を冷やす時間を作りましょう。やってしまったときは、素直に謝ることも大切ですよ。

現在に立ち返る

議論は紛糾しがちです。

それがあなたのパートナー、友達、家族、または見知らぬ人である場合でも、結局のところ完全なマッサラな状態で行われているわけではありません。どこかでお互いを知っており、おそらく良いことも悪いことも含めて、いくつかの歴史があります。

意見がかみ合わないということは、他の会話や出来事、お互いの歴史を引き合いに出すことを意味します。

お互いの過去の失言や矛盾を引っ張り出してきて、打ち負かすことを考えてしまいます。これはつい陥りがちな態度ですが、ただ憤りを生むだけです。

そういう時は、議論の発端に立ち返るようにしてください。話し合いの着地点は、出発地点に引き返さないと見えてこないものです。

自分の言いたいことは?

あなたは自分が何を言おうとしているか知っていますか?

激しい討論に巻き込まれると、論理や合理性を失いがちです。なぜなら、本当に言いたいことよりも、できるだけ早く何かを言おうとするからです。

相手の攻撃的な態度を責める前に、まずは自問してみてください。あなたは何を言いたいのか、自分でわかっていますか?

議論から一歩引いて、あなたが言ったことを再評価すれば、あなたが実際に主張したいポイントに辿り着いていないことに気付くかもしれません。

あなたは自分の言葉の嵐に巻き込まれ、口から出るのは実際の論理よりも感情が多いかもしれません。

他の人の時間と傾聴を当然のことと考えないでください。あなたが本当に言いたいことを言っているか、議論が引き出していることではないか確認してください。

正しい相手と話しているか

自分のポイントをすべて伝え、言いたいことを正確に述べたと感じるのに、相手がまだあなたの言っていることに同意していないと感じるのは、非常にがっかりすることです。

しかし、覚えておかなければならないのは、討論が双方にとって実りあるものになるためには、双方が議論に参加する興味がある必要があるということです。

これはつまり、継続的な誤解の理由があなたがポイントをうまく述べられていないからではなく、むしろあなたが話している相手が最初から真剣にあなたの意見を聞く気がない可能性があるということです。

相手はあなたと適切で妥協した解決策に達することに、そもそも興味がないかもしれません。

むしろ恐ろしいことに、あなたをいらいらさせ、困らせ、さらに悪く感じさせることだけが目的かもしれません。

だから相手が真剣にこの議論に参加しているのか、単に自己中心的な理由で参加しているのかを見極めてみてください。そもそも話をする相手を間違えている可能性があります。

前提を確認する

コミュニケーションとは、言い換えれば「共有」することです。

しかし、多くの人が全体的なコミュニケーションで難しさを感じます。

その理由は、議論の前の段階にあります。前提としている知識や経験が思っているものとは違っているのです。

会話をするとき、私たちはある程度相手を選びます。その時の基準は、相手との親密度、経験、知識などです。それを前提として話を進めていきます。

でもその前提が間違っていたら、要するに相手が必要な知識や経験を有していなかった議論は一向に先に進みません。むしろ、おかしな方向に勝手に軌道修正されることも。

だから、なんか違うなと会話に違和感を感じたら、お互いの前提を確認してみてください。そして、それに沿った会話の内容に変えていきましょう。

まとめ:紛糾したら一度立ち止まろう

ここまで見てきたように、冷静なコミュニケーションと感情管理は、対話や議論において不可欠です。

感情を言葉にのせず、相手との前提を確認しながら、自らの意見を冷静かつ明確に伝えることで、理解が生まれ、より建設的な人間関係が築かれていきます。

また、素直に謝ることがコミュニケーションの信頼性を高め、対話の品質を向上させる一環となることもあります。

これらのアプローチを通じて、良好な関係や協力的な対話の構築を目指しましょう。

Menu