誰からも愛され尊敬される人の小さな5つの習慣

あなたの職場に、誰からも尊敬され大切にされる人はいるでしょうか?

それは上司かもしれないし後輩かもしれない。または出入りしている納入業者の人かもしれないし、清掃スタッフかもしれない。

尊敬される人は、人を自然に引き付ける良い習慣を持っています。今回はそんな小さな習慣を5つここにご紹介していきます。参考にしていただけら嬉しいです。

Menu

約束を守る


私がまだ新入社員だったころ、顧客に特定の日までに商品を納入すると約束しました。私はそれを実現できる自信があり、自分の仕事の早さで周囲を感心させたかったのです。

しかし、予測できない問題が発生し、締め切り前日になっても半分ほどしか終わっていなかったのです。

顧客に電話をして、約束を守れないことを告げなければなりませんでした。それは私にも先方にも厳しい会話でしたが、約束を守る重要性について教えてくれる貴重な経験となりました。

何かをすると言ったら、人々はあなたの言葉を信じます。あなたが守ることを信じて、期待します。もし守らなければ、その信頼は崩れ、あなたの評判に傷を残す可能性があります。

しかし、約束を守ると、それが大きかろうが小さかろうが、人々にあなたが信頼でき、信頼される存在であることを示します。ひとつひとつの小さな約束と達成が信頼を築き、尊敬を勝ち得るのです。

誰にでも同じように接する

先日亡くなられたイギリスの女王が人々に尊敬されていたのは、彼女が立場に関係なく誰にでも同じように接したからでした。

世界の指導者と会う場面でも、地元の子供たちと対面する場面でも、彼女は一貫して尊重と親切さを忘れませんでした。

私たちの日常生活においても、誰に対しても敬意もって接することは重要です。これは、レストランのウェイターにも、仕事の上司にも同じくらいの敬意を払うことを意味します。

なぜなら、尊敬とはその人の立場に対してすることではなく。むしろ、その人自身に内在する価値と尊厳を認識することなのです。

誰にでも同じように尊重の念をもって接することは、他者への対応をその人の社会的地位やあなたへの見返りに基づかせないことを示します。

そして、信じていただきたいのは、周りの人はこれに気づきます。振る舞いや言葉の端々に尊敬の念は滲み出すもので、その逆もまたしかりなのです。いつでもだれに対しても、敬意を払うように心がけましょう。

感謝の言葉を伝える

これは少し当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、私たちは軽く見すぎています。。

私は母から「ありがとう」と言うことの重要性を学びました。彼女は些細なことでも感謝の気持ちを表現することを心がけ、それが私たち兄弟に強い印象を残しました。

彼女はいつも言っていました。「感謝は幸せな人生に必要なのよ。そして他者への架け橋にもなる」と。

彼女が何を意味しているのかを理解するのには時間がかかりましたが、私が年を重ね、この単純な習慣を実践し始めると、彼女の言葉が真実だと理解できました。

「ありがとう」と言うことは単なる良いマナーだけでなく、他者の努力や親切、思いやりを認める方法です。それは、物事を当たり前だと思わず、他者があなたのためにしてくれることを真に評価していることを示します。

一杯のコーヒーを淹れてくれた店員さんに感謝したり、同僚のちょっとしたヘルプに感謝したりすることで、その小さな言葉が大きな違いを生むことがあります。

「ありがとう」と言うことで、人々は自分を認識され、感謝されていると感じます。これは良好な関係を築き、相互の尊敬を育むのです。

正直であること

正直であることは場合によってはとても難しいことかもしれません。

嘘をつくことができる状況でも真実を話すことは勇気が必要です。簡単にごまかせるときに、正直であることは怖いことかもしれません。しかし、それこそが正直であることの力と言えます。

正直であることは、ウソと欺瞞に満ちた世界で本物でいる勇気を示します。その必要がないときでさえも、正しいことを支持することを躊躇わない姿勢を示します。そして、人々は本当にそれを尊敬します。

勘違いしてはいけないのは、正直であることは無礼であることや無神経であることではないということ。

それは真実であること、しかし同時に慎重であることを意味します。それは自分の意見を述べること、しかし同時に他人の気持ちを考慮することを意味します。

鼻毛が飛び出しているときに、友達が教えてくれたことがありましたよね? それは確かに恥ずかしい瞬間でしたが、彼らの正直さを感謝しませんでしたか? これが私たちが話している正直の種類です。

だから、友達に指摘をするときも、自分の間違いを認めるときでも、正直であるよう努めましょう。

冷静さを保つ

冷静さを保つ能力は、偉大な指導者が必ず持っている特徴です。

彼らの冷静さを保つ能力は、より良い決断を下すだけでなく、莫大な尊敬を集めたのです。

人生はしばしばジェットコースターに例えられ、しばしば急な上り坂が待っています。全てが順調な時に冷静でいることは簡単です。しかし、真価が問われるのは障害にぶつかった時なのです。

冷静でいることは、ストレスや不安にフタをすることを意味するのではありません。感情を管理し、自分をコントロールする。これは感情の成熟度と回復力を示し、人々が深く尊敬せざるを得ない資質なのです。

厳しい環境下でも冷静でいられると、よりクリアに考え、合理的な決定を下し、状況を効果的に処理することができます。そしてそれは周囲の人が必ず見ていて、頼られる存在となっていくのです。

まとめ:まずは周りを尊敬してみよう

ということで、尊敬される人たちが無意識にやっている小さな行動5つを見てきました。

小さな行動なので、当たり前な事柄が並んでいたように思うでしょうが、あなたが知っているようにこれらの実践は大変難しく、だからこそ彼らが尊敬に値するのです。

人から尊敬されようと思わないでください。尊敬は一朝一夕に得られるものではなく、日々のあなたの積み重ねと他者への貢献の表れなのです。

なので、まずは身近な人の良いところを見つけて尊敬する習慣をつけてみましょう。

Menu