天才が孤独を愛する5つの理由

あなたは天才に出会ったことはあるだろうか。

いずれの分野にも天才たちは稀にですが存在していて、仕事の成果に関わらず、彼らの多くは一人でいることを好みます。周囲に人だかりができる天才は、あまり見たことがありませんよね。

なぜ彼らは一人でも平気なのでしょうか。一人でいる時間が何をもたらすのか。今回はその点について掘り下げてみたいと思っています。

Menu

不安要素の除去

高い知能を持つ人々は、より高いレベルの不安を経験します。

並外れた知能は贈り物かもしれませんが、それにはデメリットもあります。

過度な考え込みは、知的な人々を過度に心配しやすくするかもしれません。研究者たちは心配と知能の間に関連性を見つけました。

なので不安や心配をしばしば感じる人は、「自己排除」を生存戦略として採用することがあります。潜在的な不安トリガーが方程式から取り除かれると、ストレスの管理がより容易になります。

したがって、賢い人々が一人でいることを好む理由の一因は、社交の状況がその不安や心配を悪化させるかもしれないからです。k

一人でいるほうが、不安を感じずに快適だと言えるでしょう。

周囲とペースが違う

他の人の存在が、彼らの進展を遅らせることがあります。

わかりやすい例は、クラスにいた秀才たちです。教科書を一度読むだけで理解できるので、冗長な授業や教え合いは、彼らにとってただの無駄な時間です。

また、同じ波長でない人々と協力したり働いたりすることは、障害となります。

非常に賢い人々は、他の人が自分と同じ速さで作業したり考えたりできない場合、それに対してイライラしたり、我慢できなくなることがよくあります。

一人でいることは、自分を遅らせられたり邪魔されたりしないようにする有効な手段となります。でも行き過ぎると、変人扱いをされかねません。

流行を気にしない

彼らは何かを見逃すことを気にしません。

FOMO(Fear Of Missing Out)という英語圏で使われる表現があります。これは、他の場所で起こっている面白いことや興味深いことを見逃す恐怖という意味です。

日本語の概念で言うと、流行より同調圧力が近いかもしれませんね。

知的な人々は、通常、目の前で起こっていることや手元の仕事により集中する傾向があります。彼らの心は既に現在に従事しており、他の場所や時間、他人の感情にさまよう余地が少ないです。

それは彼らが他の人が何をしているかを考えたり心配したりすることが少ないことを意味します。彼らは一人で過ごすことに満足し、自分がすべきことに時間を費やします。

彼らは自分自身で充足感を感じやすく、他の場所で何が起こっているかを考える時間にまったく価値を見出しません。

自分で解決する

賢い人々が一人で過ごすことを好む理由の一つとして、その解決力があげられます。

もちろん、グループで働くことは私たちが課題に取り組み、問題を解決するのに役立ちます。これは多くの人に成功体験をもたらしますす。スキルと知識を共有するために集合する人間の能力は、地球上での進化に大いに貢献しました。

しかし、賢い人々は、他者への依存度が少ないことが明らかになっています。

知能は、独自の課題に対処する手段として人間が獲得したと考えられています。つまり、より賢いほど、サポートのためにグループに依存しなくなる可能性があります。

単純に言えば、賢い人々は自分の問題を自分で解決し、他の人々をそれほど必要としないのです。その結果、彼らは他の人々と同じくらい組織を求めず、一人でいることを選択します。

生産性を高める

知能にはさまざまな形や表現があります。共通しているのは一人で没頭すること。

彼らは静かに座って読書したり、面白いアイデアやトピックを理解したりすることを好むかもしれません。

他の人たちと一緒にいることは楽しいかもしれませんが、非常に知的な人にとってはすぐに「時間の無駄」と感じることがあります。

一緒にいること、おしゃべり、他の人の仲間にいることは、より生産的な仕事からの逸脱を意味するのです。

自己向上に取り組んでいるのであれば、読書、執筆、学習、研究、創造、熟慮などが時間の良い投資です。これらの活動は、非常に知的な人々が一人で行う方が効果的なことがよくあります。

他の人が言ったことやしたことに気を取られ、余計な時間を使うよりも、自分の課題と成長のために時間を使うべきだと知っています。

まとめ:ただの偏屈にならないように

しばしば、こういう天才たちの特徴に当てはまるからと言って、喜んで自分を正当化する人を見かけます。

その99%はただの偏屈なナルシストです。

これは私自身もそうだったから言えることです。

本当は他者からの承認を求めているのに、それが得られないから社会から自分を孤立させる人たちも大勢います。

でも、本物の天才たちはそれらを超越した、独自の価値観でこの世界を見ているので、他者の評価や社会の常識が通用しない世界を生きていると言えますね。

Menu