あなたが人生にやる気を失っているサイン5つ

あなたは近頃やる気を失っていないでしょうか?

何をしても面倒に感じるし、楽しくない。将来の自分が全く見えない状況。そういう時にはっきりと表れるサインをここに5つご紹介していきます。

これらに当てはまっているな、と感じたらちょっと危険なサインと言えます。対処法も書いておきましたので、軌道修正を試みてください。

Menu

慢性的な疲労感

以前、私はどれだけ寝ても絶え間なく疲れを感じる時期がありました。

まるで何度拭いても曇る車の窓ガラスみたいな疲労で、それが私の生活のあらゆる面に影響を与えました。

慢性的な疲労やだるさを感じることはモチベーション低下の兆候かもしれません。モチベーションを保てていれば、一日を乗り越え、仕事に取り組み、情熱を追求することができます。

しかし、疲労感に悩みモチベーションが低下していると、すべてが辛く感じられます。ちょっとした簡単な仕事でさえ、なかなか着手することができなくなります。

あなたがもし慢性的な疲労を感じているなら、それは単なる身体の疲労以上のものかもしれません。目標を失いモチベーションのレベルが下がっていることも影響している可能性があります。

原因がわからない疲労感に悩んでいるのなら、生活習慣の見直しから始めてみるとよいでしょう。

目標がない

目標は私たちの人生に方向性を与えます。

どこに行きたいか、何を達成したいかの道しるべを提供します。

しかし、やる気を失っている場合、目標を設定すること自体が難しく感じるものです。ただの一つの言葉すら心の中に思い浮かばない状態。

はっきりとした目的や希望がないと、風任せに空を漂う雲みたいなもの。そんな状態では、むりやり自分納得し、目標なんてなくても大丈夫だと自分に言い聞かせるかもしれません。

でも、心の奥ではそれが真実ではないことを知っています。誰もが夢と野望を抱いています。そして、それを実現するための第一歩が目標を設定することです。

大切なのは、自分が本当は何をしたいか、素直になって問いかけ、それに向けた一歩をとりあえず踏み出してみること。

部屋が散らかっている

散らかった部屋は、乱れた心を反映しています。

生活や仕事の環境がいつも乱雑な状態にあると、それはやる気を失っている明らかなサインです。

やる気に溢れていると、私たちは周りに注意を払います、整理され、生産性が向上するような部屋や仕事場にするように自然と体が動くのです。

清潔で整頓された部屋は、実際に気分や気力を向上させ、仕事に取り組みやすく、集中しやすくします。

しかし、やる気が低下している状態だと、片付けがとても面倒に感じられるかもしれません。散らかりっぱなしにして、それが気にならない状態は結構まずいです。

ですので、一度部屋を見回してみてください。もし散らかっていて整理されていないなら、気力が低下しているんだなと思いましょう。

ときどき、空間を片付け整理することが新たなエネルギーと目的感を呼び起こすきっかけになることもあります。

好きだったことに興味が湧かない

私にとってもこれは大きな問題でした。

学生の頃から私は絵を描くことが大好きで、それが一日の疲れを癒す手段でした。しかし、社会人になって数年が経った時、それに対する興味を失い始めました。

最初は単に疲れているかストレスを感じているのかと思いましたが、日が経つにつれてそれは何か別のことだと気づきました。絵を描くことは単なる休息ではなく、エネルギーを再充填するような行動だったのですが…。

これはやる気が低下している典型的な兆候であるといまならわかります。

仕事だけではなく、自分の情熱や趣味に対する興味まで失い始めると、それはけっこう危険なサインです。エネルギーレベルが低いことを意味するかもしれませんし、さらに悪い場合は、人生全体でモチベーションを失っているかもしれません。

もしこれが起こっているのを感じたら、それを警告サインと受け止めてください。モチベーションを再評価し、やる気を再点火する方法を見つける時かもしれません。

人に会うのが面倒

時折一人で過ごす時間はもちろん必要です。

でも、完全に他者との交流を避け始めると、それは怠惰とモチベーションの不足の兆候かもしれません。

モチベーションがあると、他の人と交流し、アイディアを共有し、人間関係を築く機会を積極的に求めます。これは人間が本質的に社交的な生き物であるためです。

しかし、怠惰でモチベーションが低いと、人と交わることそれ自体が負担に感じられることがあります。招待を断ったり、メッセージを無視したり、計画を直前でキャンセルすることがあるかもしれません。

孤立はしばしば怠惰やモチベーションの不足感につながります。ですので、交流をよく避けることが多い場合は、モチベーションを確認する時かもしれません。

まとめ:自覚し調整しよう

やる気が自然にあふれ出てくる状態が理想なんですが、人間はそんなに簡単な生き物ではありません。

モチベーションが下がり、何かとやる気が起きなくなる時があります。ここに挙げた5つのことがそのサインです。もしそれを自覚したら、目標の再設定を、30分くらいで構わないので紙に書きだして行ってみてください。

調整と目標の再設定は必要な作業です。毎週末に習慣化してしまってもいいかもしれません。

Menu