あなたの職場のアタオカさんの扱い方

職場には変な人が人ます。ていうか、変なやつの方が多いと言ってもいいでしょう。

でも、彼らと一緒に仕事をしていかなければいけないのも現実です。

相手のペースに飲み込まれたり、挑発に乗ってばかりいると、あなたばかりが疲弊して仕事そのものにも影響が出てしまいます。

ということでこの記事では、職場の何かと難しいアタオカさんたちにどう対処すればいいのか、そのヒントになる5つのことをご紹介していきますよ!

Menu

アドバイスとサポートを求める

私が入社直後の気難しい新人を任されたとき、すべてがうまくいかない感覚に陥りました。

行き詰まり、状況をどう処理すべきか分からないままでした。その時、私は職場のメンターに助言を求めることにしました。

私が経験と心配事を共有したところ、彼らは私に素晴らしいアイデアを与えてくれました。

気づかなかった新人の行動のパターンを指摘し、状況を緩和する新しい方法を提案してくれました。

このサポートは私にとって非常に有益でした。これによって、状況に対処するコツが手に入っただけでなく、私が一人ではないという安心感をも得られました。

ですので、仕事で難しい人々とかかわる際には、信頼できる誰かに頼ることをためらわないでください。メンター制度があれば利用しましょう。上司、または同じような状況にいた友人であっても構いません。

巻き込まれない

どんなに厄介な人も、あなたの気分までもを左右することはできません。

言うは易し、それを実行するのは難しいことかもしれません。誰かが腹が立つ言葉を投げかけたり、あなたの仕事を絶えず批判すると、気分が落ち込むのは当たり前です。

しかし、それらのネガティブなことを心に刻み込まないように最善を尽くす必要があります。

覚えておいてください。あなたは仕事をするためにここにいるのです。職場のすべての人を喜ばせるためではないのです。

あなたが与えられた仕事に最善を尽くし、プロフェッショナルに振る舞っている限り、それは誰にも邪魔されるべきではありません。

他人の否定的な意見があなたの自己評価に影響を与えたり、あなたの気持ちを沈めたりすることはできないのです。あなたの気分を決めるのは、あなた自身なのです。誰にも操作させないでください。

笑いを有効に使う

笑いが緊張を解消するための強力なツールであることを知っていますか?

ユーモアを使うことは、深刻な問題を軽視することや仕事を真剣に受け止めないことを意味するものではありません。

その代わりに、緊張した状況を乗り越えたり、難しい人を手なずけるために軽妙な言葉を使うことを意味します。

例えば、誰かが絶えずネガティブなことを言ってくる場合は、それの面白い要素を取り出してにこやかに返事をしてあげましょう。

もちろん、適切に正しいタイミングで使うことが重要です。笑いを使って誰かを侮辱したり見下したりしてはいけません。しかし、正しく使われれば、少しのユーモアは難しい人との相互作用をはるかに耐えやすくするのに役立ちます。

他人を変えられないことを理解する

他人を変えることはできません。

彼らがどのように行動し、何を言い、どのように感じるかをあなたはコントロールできません。コントロールできるのは、あなたがそれにどう反応するか、それだけです。

私は多くの同僚が職場の問題児を「矯正」しようとするのを見てきました。それはまるで四角いくぎを丸い穴に収めようとするようなもので、うまくいきません。

人々は自分で気づき、変わりたいと思うときにのみ変わります。そして、それはあなたとは無関係なことです。

だから、彼らを変えようとするのではなく、自分の反応を変えることに焦点を当てましょう。それは受け身ではなく積極的であることです。

視点を変え、対応を変えると、難しい人との付き合いがずっと簡単になりますよ。

冷静を保ち、前に進む

私の経験から学んだことの一つ。それは、難しい人々とかかわる際には冷静でいることがもっとも重要だということ。

かつて、同僚の中に絶えず皮肉な発言をし、私を口論に巻き込もうとする人がいました。私は最初、本当に怒りっぽくなり、それについて考え込む時間を何時間も費やしていました。

しかしその後、私は重要なことに気づきました。彼らの行動に反応することで、彼らにまさに彼らが望んでいたものを与えていたのです。彼らは時間と関心を私から引き出そうとしているかのようでした。

そこで、私は異なるアプローチを取ることにしました。それは、冷静な反応です。

反撃したり、守りに入ったりする代わりに、私はシンプルに「フィードバックありがとう」とか「それを考慮させていただきます」と答えるようにしました。

これにより、私は冷静さを保ち、それ以上火に油を注ぐことがありませんでした。

その結果、彼らは自分たちの戦術が有効ではないことに気づき、最終的には私に関心を示さなくなったのです。

だから覚えておいてください。冷静さを保てればほとんどの問題は解決可能なんです。

まとめ:それを仕事にしないように

職場には他人がいます。一人で自営業をしている人以外は、基本的にそうです。

時には、仕事そのものよりも、その人との付き合いが悩みの種になることもあります。仕事をする=他人に気を使うになってしまっているのです。

あなたは何をするためにそこにいるのでしょうか。そして、何が一番大切なことなのでしょうか。それをもう一度考えるようにしてください。

もし特定の人たちのことが自宅に帰っても頭に浮かんでくるようであればそれは危険なサインと言えます。適切な距離を置くか、助言を求めるようにしてください。

Menu