当たり前だと思ってはいけない5つの大切なこと

私たちは毎日忙しく過ごしているため、小さなことはついつい忘れてしまいがちです。

そのちいさなことの中には、実は重要なものも含まれています。それらは余程意識しないと感じられないくらい当たり前のことです。

それを知ることができると幸福度が増します。何かを手に入れようと必死になるよりも、すでに持っているものを知ることのほうが簡単ですよね。

ということで今回は、当たり前すぎて見過ごしがちな5つの大切なことをご紹介していきましょう。

Menu

自然の美しさ

私たちのあわただしい社会では室内に閉じこもることが多く、空の変化する色や足元でざわめく草木の音を見逃しがちです。

草木や生物、虫たちなど自然は、そのままで奇跡に近い存在と言えます。

しかし、咲き誇る道端の花を見ることなく通り過ぎたり、夕焼けの美しさに気づかなかったりすることはありませんか?

ある日私は仕事に夢中になっていて、窓の外に美しい虹が広がっているのを同僚に言われるまで気がつきませんでした。ハッとした瞬間です。

それは自然がいつもそこにあり、当たり前に素晴らしいものだと私に再確認させてくれました。

ちょっとした時間を取って外に出て、深呼吸し、自然の静寂と美しさに身をゆだねてみてください。それは皆に配られる招待状みたいなもので、人生に喜びを与えてくれます。

心からの笑い

よく「笑いは最良の薬」と言われます。

仕事と生活のプレッシャーの中で、本当におなかが痛くなるような大笑いをしたのはいつだったか、私たちは忘れがちです。

あなたも思い出してみてください。おなかを抱えて笑い、涙が頬を伝うような笑いのことです。

これらの純粋で心からの笑いの瞬間は、たとえ一時的でも私たちの魂を癒す効果があります。

ある辛い仕事の後、何気ない気持ちでお笑いのライブを見に行ったことがあります。ライブが終わるころには、思い悩んでいたことが思い出せないほど、大笑いしていたことに気がつきました。

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、日常的な笑いの力を過小評価しないでください。

それは単なるユーモアや可笑しさではありません。それは生活と結びついた私たちの経験を祝福するものなのです。

人間の想像力

論理と効率に支配される社会では、私たちは夢や想像力を軽く見て子供っぽいものと見なすことがあります。

しかし、自由に夢想し現実を超えて想像を飛躍させるこの能力は、私たち人間だけが持つ素晴らしい贈り物だと言えます。

子供の頃に持っていたあの大胆な夢や好奇心を覚えていますか?

何にでもなれるという感覚。アニメや漫画の登場人物にもなれるという思い込みは、大人になってからは得られるものではありません。

今では幻想的に聞こえるかもしれません。でもそれは、何にも抑制されていない想像力の証でした。

私たちの想像がどんなに奇抜なものであっても、それは次の革新のいくつかにつながる可能性があるということを忘れないでください。

だから、次に自分が妄想に浸るか、あるいは一見「馬鹿げた」夢想をしているとき、それを大切にしてみてください。

日々の健康

「健康は金で買えない」とよく言われます。

または「健康のためなら死ねる」という冗談もあるくらいです。

しかし、私たちは本当に自分の健康に感謝しているでしょうか?

どこにも痛みを感じずに動けること、苦しみなく呼吸できること、毎日どこにも不調を感じずに目を覚ますこと、それらは得難きものなのです。一度失った人はその貴重さを知っているはず。

多くの人が日常的に健康上の問題に直面しています。一日だけでも元に戻ることができたらいくらでもお金を積むことでしょう。

覚えておいてください。痛みがない日、景色を見ることができる日、自然の音を聞くことができる日、歩くことができる日、そしてただ「普通」に感じることができる日、それは感謝すべき一日なのです。

当たり前だと思ってはいけませんよ。毎日感謝を忘れずにメンテナンスをしましょう。

あなたの24時間

毎朝、私たちは24時間という空白のキャンバスを手に入れます。

そこには私たちが望むどんな物語でも描けるのです。時間は一度使ったら戻ってこない唯一のものです。

去年私は、友達との短い旅行を先延ばしにしてしまいました。いつでもいけるだろうと考えていました。

しかし、人生には思いも寄らない出来事が起こります。私は外国に移住したので、そのまま疎遠となり結局いけずじまいとなりました。

夢に向かい情熱を追求するチャンス、きちんと休息をとる機会、または単に大切な人たちと質の高い時間を過ごす機会、何であれ今という瞬間を大切にしましょう。

時間を無駄に使わないこと。それに加えて、過去にも未来にも思考を飛ばさないことを心がけましょう。何かに没頭するのがいちばん簡単な方法です。

まとめ:当たり前にある幸せ

これを読んでいるあなたは、少しの悩みや生きづらさを感じているかもしれません。

でも、この記事を読む時間がある。ていうか、スマホを持っていて目が見えて、自由に使える時間があるはずです。これは素晴らしいことですね。

幸せは定量的なものではありません。あなたが感じるかどうか、完全に主観的な事柄なのです。

毎朝、いや毎晩でも構いません。当たり前に思われがちなこれらのことに意識して感謝をする時間を作ってみてください。毎日をより有意義に過ごせるようになるはずです。

Menu