「うちの子天才!!」そう断定してもよい5つの兆候

「うちの子天才かも!」ほとんどの親が一度は感じることだと思います。

多くの場合それは思い込みや勘違いかもしれません。ですが見逃してはいけないサインも存在します。それを確実に拾って才能を開花させる環境を準備してあげることは、親の重要な役割の一つでしょう。

ということでこの記事では、見逃してはいけない5つのサインをご紹介していきます。

Menu

年上の友達を作る

ほとんどの子どもは、同年代の子どもと遊ぶものですが、非常に優れた子どもたちはしばしば年上のお兄さんお姉さん、そして大人とつながろうとします。

これは彼らが、年齢ではなく知的な同等さを求めているからです。

彼らは刺激の多い会話や複雑なゲームなど同年代の子どもたちが興味を持たない知的なものを求めています。

このことが彼らを時折、同年代の中で孤立させたり、誤解を招くことがあります。

これは彼らが仲間との友情を大切にしていないことを意味するわけではありません。でも、彼らは知的好奇心と感情的成熟度に合致する人々との関係でより満足を見いだす、ということです。

問題解決への情熱

あなたのお子さんは挑戦を楽しんでいますか?

複雑なパズルを解いたり、物事の仕組みを理解したり、難しい問題の解決策を見つけることに興奮している様子は見られますか?

こうした問題解決への情熱は、非常に優れた子どもであることの明確なサインと言われています。

才能ある子どもたちは、ただ問題を解決する必要があるからといってそれをするのではありません。彼らはそれが好きだからするのです。

彼らは精神的なトレーニング、挑戦のスリル、そして解決策を見つけたときの満足感を楽しんでいます。

この傾向は、学校の勉強や課題を超えて広がっていくものです。

彼らは壊れたおもちゃを修理することに夢中になり、家に帰る最速のルートを探したり、または友達の喧嘩を仲裁したりすることにも興味を持っているかもしれません。

旺盛な好奇心

非常に優れた子どもの最もよく見られるサインの1つは、旺盛な好奇心です。

たくさんの質問をすることだけではありません。「何」や「どのように」といったことだけでなく、「なぜ」にも深く掘り下げていく傾向があります。

彼らは知識を総合し1つの答えを解き明かすと、さらに十数個の未知のコトガラが待っていることに気付くでしょう。

これは学校の科目分けに限定されません。彼らは蝶の生態から宇宙の謎まで、あらゆることに魅了されるかもしれません。

彼らの飽くことなき好奇心は、彼らがどれだけ学んでも決して完全に満たされない飢えのようなものなのです。

もしこれがあなたの子どもに当てはまるようであれば、それは並外れた頭脳の持ち主かもしれませんね。

高い感受性

天才的な子どもたちは知的な能力だけに秀でていると考えるかもしれませんが、もう一つ、おそらく意外に思われる兆候があります。それは高い感受性です。

彼らはしばしば、年齢を超えた感情の強さや共感を示します。

彼らは自分の感情だけでなく、周りの人々の感情にも敏感になっているのです。

この並外れて強い感受性は、時に過剰反応と受け取られることもあります。

しかし、これは演技的なものや注目を引こうとする行為ではありません。その代わり、それは彼らの深い共感力と理解力の表れなのです。それを矯正しようとせず尊重してあげてください。

高度な言語能力

あなたのお子さんが友達よりも言葉を早く身につけているのに気付いたかもしれません。

この早くて高度な言葉の理解は、しばしば才能豊かな子どもの明らかな指標となります。

早く話すことだけではありません。

彼らはしばしば、複雑な言語構造を理解し、それを使用する能力を示します。その語彙も年齢という枠を超えて広範囲に及んでいます。

彼らは年齢に比べて高度な言葉やフレーズを使ったり、複雑な文を構築したり、洗練された考えやアイデアを表現したりするかもしれません。

彼らは小学校にあがる前から、一人で読書を始めることさえあるかもしれません。発達に合わせて興味を満たせる環境を用意してあげましょう。

まとめ:サインを見逃さない

自分の子供のこととなると冷静ではいられずに、ついつい親バカになってしまうものです。

それは構わないと私は思います。可能性の芽を発見したらできる限り環境を整えてあげてください。

そして、忘れてはいけないことがあります。それは継続とある程度の我慢なくしてはその才能も生かされないということです。

何かに興味を持ってもすぐに飽きてしまうかもしれません。そういう時は期間を決めてその間は続けるような習慣をつけてください。一つ山を越えると、再び没頭できる期間が訪れるものです。

たびたび訪れる困難や飽きはあなたと一緒であれば乗り越えることができます。一緒にいる時間を増やしてみてください。

Menu