2人の関係が終わりそうな5つの兆候

なんだか最近、彼女とうまくいっていない。彼氏と喧嘩が絶えない。そう感じてはいないでしょうか。

極端な表現になりますが、男女関係は最終的に「続けるか終わるか」の2択になります。血縁や友人関係との大きな違いはそこにあります。

では、その判断はどうすればいいのか。今回は関係が終わりそうな二人に見られる兆候をご紹介していきます。

もしあてはまることが多いのであれば、関係を解消すべき時かもしれません。

Menu

悪い言動をながしがち

以前は絶対に許さなかった言動を、見逃してしまうことが増えてきているかもしれません。

例えば、からかわれる機会が増えているかもしれません。パートナーはあなたをからかいますが、それはただの冗談だと言い逃れをします。

からかいは時に攻撃となります。相手の感情を傷つけます。そして、いくら言ってもやめないので、あなたは指摘することすらも諦めているかもしれません。

健全な関係が徐々に崩れ去るのを無視しないでください。言いたいことを言えない、またはいうのが面倒というのはその表れです。

人間は間違える生き物です。そして、深いつながりを持っている二人は、お互いにそれを指摘し言動を改めていくのです。それが健全な関係と言えます。

安心感がない

男女の関係において、もっとも大切なことは一緒にいて安心するということでしょう。

付き合うことになる二人は初対面の時、よくこういうことを言いますよね。

「初めて会った気がしない」

これはもう長いこと知っているような感覚、要するに安心感を意味しています。でも時間とともにその関係は変わっていきます。相手に不信感を持ったり、ある特定の言動が妙にハナに着くようになるのです。

そうなってくると、関係には緊張感がうまれお互いに我慢が中心の生活に変化していくでしょう。そうなると、当初感じていた安心感はまったくなくなってしまいます。

これは非常に危険なサインと言えますね。安心感を取り戻せるように、話し合いの場を持ちましょう。

気分に左右される

ちょっと重たい話ですが、何年か前に、私はアルコール依存症の人と付き合っていました。

一緒に良い日を過ごせるかどうかが、彼女のその時の気分に完全に依存しているように感じていました。

彼女が不機嫌でイライラしていると、それを私にぶつけてきました。ビクビクして機嫌を探らラなければいけません。

私はできるだけ関係を続けたかったのでサポートをすることにしました。彼女のためにそこにいたかったのです。しかし、最終的には、彼女の乱高下する気分に私も取り込まれてしまい、精神を病んで結局は別れることになりました。

これは少し極端な例ですが、お互いに気分を「探る」ようになると、その関係は健全とは言えません。

一体感を感じない

一体感とは自然に生じるものではなく、お互いに相手をいたわることを意味します。

関係がマンネリ化してくると、あたかもそれぞれ別々の日常生活を送っているかのように感じる日があります。ただ一緒に生活をしているというだけで、心は完全に他人なのです。

そんな状態では、お互いを頼ることができません。それは直接的な言動かもしれないし、感情的なもの、またはその両方かもしれません。

その結果、2人はますます孤立感を感じ、一人でいるときよりも寂しい思いをしているかもしれません。

もはや一緒に協力していると感じないだけでなく、多くの場合、積極的に離れるべきだと感じるかもしれません。そしてその感覚は間違っていないでしょう。

解決がないケンカ

2人とも不完全な人間なので、当然けんかや意見の相違があるでしょう。

でも、健全な関係を築けていない二人は、同じ争いを何度も繰り返します。そこには解決や仲直りがないのです。そしてお互いに無言になっていく...

愛がどれだけあっても、カップルはいつかは衝突することになります。それ自体は悪い兆候ではありません。でも、カップルが口論をまったくしないときには、それは大きな警告サインであると考えてください。

おそらく、それは彼らがただ感情を押し殺していることを意味していて、最終的には陰険な方法で現れることになります。要するに、無視や無関心ですね。

どのようにケンカするかは非常に重要であり、あなたたちのつながりが持続するかどうかの大きな手がかりです。

まとめ:兆候をほおっておかない

ということで、関係の終わりが近づいている二人に現れがちなサインについてみてきました。いかがでしたか?

すべてに当てはまるんだけど...と感じている人もいるかもしれません。でも心配しないでください。

気がつけたのであれば、あとはあなたのやる気次第で状況を変えていくことができます。あなたの努力にもかかわらず一向に関係が改善しないのであれば、それこそが終わりの時です。

関係性は双方の努力によって保たれるのですから。

Menu