パートナーからもっと愛される5つの方法

付き合う時間が長くなってくると、刺激が少なくなってきます。

以前のようにドキドキすることも減ってくるし、すべてが「当たり前」のように感じてしまって、愛情を感じることもなくなってくるもの。

そういうとき、どうすればもっとパートナーから愛してもらえるのでしょうか。その具体的な方法をここでご紹介していきます。

私の経験に基づいた話なので、若干偏りがあるかもしれません。

Menu

共通の趣味を見つける

関係が始まった当初、私たちはそれぞれ個別の趣味を持っていました。

彼女は登山やハイキングが好きで、私は読書が好きなタイプでした。しかし、それぞれの趣味に固執するのではなく、お互いに共有することにしました。

正直に言うと、最初はハイキングに出かけることに抵抗を感じていました。しかし、彼女と一緒に山に登り、頂上からの美しい景色を体験してみると、私の視点が変わりました。

同様に、彼女も私がおすすめする小説を読み始めたのです。

この共有された経験と時間は私たちをより一層結びつけ、明らかに愛情を増加させました。お互いの好みに対する理解を深めることは、関係を良好に保つ一つの要素です。

距離を与える

逆説的に思えるかもしれませんが、パートナーに一人の時間を与えることは、2人の関係を強化することにつながります。

まぁ、よく言われることですが「会えない時間が、愛を育てる」わけです。付き合っている段階ではなくて、結婚していたり同棲している二人にもこれはあてはまります。

というか、普段一緒に住んでいる二人こそ、この適切な距離は考慮すべきこと。

いつも一緒で仲良くいることは素晴らしいことですが、関係を長く続けていくためにはお互いの一人の時間の質が重要になってくるでしょう。

たまにはパートナーを開放する時間を作ってください。

愛情表現を見過ごさない

愛情表現は人それぞれ大きく異なります。

大きなイベントを好む人もいれば、思慮深い日常の行動を通して愛情を示す人もいる。

以前は、彼女が私ほど言葉で表現しないことに不満を感じていました。私はどちらかというと言葉で表現するタイプだったので、同じことを期待していたのです。

でもよく観察していると、言葉に表さなくても彼女の愛情は十分におもてに表れていました。毎朝いれてくれる美味しいコーヒー、寝る前にしてくれる肩のマッサージ、それらは言葉と同等かそれ以上の愛情表現だったのです。

これらが彼女の愛情表現の方法であることを理解してから、私はもっと大切にされていると感じるようになりました。表現の仕方は人それぞれなので、それを理解するように努めてみてください。

感謝の気持ちを示す

誰もが感謝されたいと望んでいます。あなたのパートナーももちろん同じです。

もちろん私たちも、難しい時期を経験したことがあります。常に口論が絶えず、愛情が亡くなってしまったかのように感じたこともありました。

ある日、状況を打破するために、私は何か違うことを試そうと決めました。

問題に焦点を当てるのではなく、彼女の貢献に対して意識して感謝することにしました。夕食を作ってくれたことに感謝し、仕事の成果を称賛し、彼女のサポートをどれだけ大切に思っているかを伝えました。

変化は即座に起きました。彼女は心を開くようになり、愛情表現が目に見えて増えました。当たり前のことなんですが、こちらが感謝した分、相手からも返ってくるものです。

この単純な法則は、男女間にも適用されます。

傾聴する

心から「聴いてくれている」と感じると、人はそれだけで心地よくなります。

パートナーが自分の考えや感情を共有すべく話をするときには、心から耳を傾けましょう。

ただ彼らの表面的な言葉を聞くだけでなく、彼らの感情を理解し、彼らの経験を想像し、共感を示すことです。このような積極的な傾聴は深い感情的な結びつきを作り出し、パートナーから新しい愛情の段階を引き出すことがあります。

うまい事を言う必要はありません。しっかり聞いて共感し、意見を求められたらやっと口を開くくらいのスタンスで構わないのです。

簡単かつ今すぐできる、愛情を深める方法と言えますね。

まとめ:ギブアンドテイクを忘れずに

付き合い始めた当初は、お互いの関係は平等でないことがあります。

どちらかが熱烈的に交際を申し込んだ場合などはまさにそうで、そういう場合、受け入れたほうはすべてのことを当たり前に感じ態度が尊大になりがちです。

でも関係を続けていくと、お互いにその力関係を意識するようになっていきます。そして、それは可能な限りフラットに保たれるべきです。

相手がしてくれたことに感謝し、それと同じだけ愛情を相手に返す。激しい恋の感情だけではなく、こういう調整の作業もパートナー関係には非常に重要になってくるでしょう。

Menu