表面上いい人を装っている人がよく使うセリフ

うわべだけいい人を装っている人というのは、結構いますよね。

でも彼らはちょっとした一言で相手を不快にさせ、それを露呈します。

そしてその事実を絶対に認めないのでさらに言葉でそれにフタをしようとすると、さらに不誠実さがあらわになるのです。

ということでこの記事では、表面上はいい人を装っている人がしばしば言うセリフを5つご紹介していきます。あなたもつい口にしてはいないだろうか、今一度確認をしてみてください。

Menu

そんなこと私にはできない

表面的には、これはあなたの勇気を褒めているように聞こえます。

でもよくよく考えてみると、こういう取り方もできます。最初からそれをやらない方が良かったのではないか、という隠された批判が含まれているということです。

まるで、「思い切ったことをしましたね」と言いかえることもできます。私が初めて髪を短く切った時、同級生が私にこれを言ったことを覚えています。

新しい見た目に誇りを感じていたのですが、彼らのセリフに驚きました。

彼らは本当に私の勇気を賞賛しているのか、それとも彼ら自身がそんな「過ち」を犯すことはないだろうと微妙に言っているのでしょうか?

つぎにこの言葉を言われたときは、そこにあなたへの尊敬が添えられているか、よく吟味してください。

悪く思わないでほしいんだけど

誰かがこの言葉で発言を始めると、その後には少なくとも不快なことが続くこと予想されますね。

まるでこのセリフを冒頭に付けさえすれば、どんなに傷つけることを言っても構わないと思い込んでいるかのようです。。

私の親友であるAも、これをいつも言っていました。しかしある日、コーヒーを飲みながら私がそれを指摘すると、彼はびっくりしていました。

彼自身も気がついていないようで、少し驚いていました。そして彼は私に何も言い訳をせずに「ごめん」と一言謝りました。

この「悪く思わないでほしいんだけど」を前置きする必要があるなら、言いたいことを再考する価値があるかもしれないということは、覚えておいてください。

なるほど~興味深い

これはとても無害な言葉のように思えますね。

でも特定のトーンや文脈で言われると、「興味深い」とは、「なぜあなたはそう思うのか」「なぜそれをするのか、全く理解できない」という丁寧な批判になることがあります。

とある打ち上げの席上で、一人の同僚が「なるほどー、興味深い」と長々と返事を繰り返したことを覚えています。

後で分かったのは、彼は相手の仕事の仕方に疑問を感じていたとのこと。

彼はそれを率直に伝えたり、普通に接する代わりに、非常に曖昧な「興味深い」という言葉を使ったのです。

あなたにもこの言葉を使った経験があるはずです。意見や行動に対し疑問を感じていることが露呈しないように、取り繕うために使われる言葉なんですね。

あなたがそれでいいと思っているなら

表面的にはこれは支持的な言葉のように思えますね。

でも特定のニュアンスや状況下で言われると、「私ならそんな選択はしないけど、あなたが気に入っているなら…」と微妙にほのめかす言葉に変化します。

私はかつて自分の部屋の壁を、日曜大工で鮮やかな青色に塗ったことがあります。気分を変えるのには良い方法ですよね。

ある友達が遊びに来てこういいました。「君がこれでいいなら、いいんじゃない」と。そこにはあるのは建設的かつ率直な意見ではないのです。ただの遠回しな批判、もしくは私のセンスに対する疑問です。

まさに不必要な一言と言えます。「壁の色を変えたんだね」で済む話です。もしくは「僕ならオレンジにしたいな」と自分がする場合の希望を言えばいいだけのこと。

ただの冗談だよ。気にしないで。

ユーモアは雰囲気を軽くし、他の人たちとの結びつきを深める方法です。

でもこの言葉は、受け手にとってあまり面白くないコメントの後に付け加えられることが多いです。

冗談のつもりで言った言葉が誰かの負担になり、その人が傷ついたと感じる場合、この言葉一つでそれをなかったことにはできないのです。むしろそれは、相手に対する不誠実を表しています。

ある仕事の集まりで同僚が私の仕事についてふざけたことを覚えています。私が不快感を表現すると、彼はまさにこの言葉でその場を取り繕いました。

もし誰かがあなたの個人的なことで「冗談」を言っているのだとしたら、それこそ問題だと思います。ユーモアは聞き手を楽しくさせ場を和ませるために使われるものです。

まとめ:いい人の皮をかぶった嫌な人

いい人を演じたい、いい人で思われたい、というのは実はとても自己中心的な考えです。

自分は責任を取りたくない、他人を犠牲にしてでも人格者でありたい、そう言っているのと大差ないのです。

人間関係で最も大切なことは、誠実であることです。

言葉でごまかすのではなく、言葉で思いを伝えることができるようになりましょう。うまく説明できないこと、主張する意味があまりないことに関しては、口をつぐむのが最も良い方法と言えます。

Menu